2020年01月24日

ステップアップ講座パワーポイント(2日目)開催

日時:2020年1月19日(日)10時から12時
場所:心障センター 訓練室
受講者:7名 +1名(家族の方)
講座内容
 基本操作の続き、アニメーション(軌跡)
 川越旅行のプレゼンテーションの編集
 スライドマスターの設定、表紙、当日のスケジュール 
2日目は皆さん全員出席ではじまりましたが、今回の教室は狭く、前に大型ディスプレイ、そして会議用長机を8個並べるといっぱいで機器操作の人のスペースがありません。やむを得ず後ろの方に小机を用意して対応しました。
講師Wさんの開口一番「皆さんは、覚える必要はありません」という言葉は受講生のみならず周りの人までもほっとすることでしょう。今回は前回の基本操作の続きです。アニメーションの軌跡の勉強で、面白いのでついついやり過ぎてしまうようです。アニメーションの設定はSHIFT+F5で全画面に切り替えてENTERで確認出来ます。ESCキーを押すと編集画面に戻れます。また単なる動きの確認はリボン左のプレビューでも出来ます。
一通りの説明がすむと、いよいよ「川越」をテーマにしたスライドの編集に取り掛かりますが、何もないと大変だということで、講師自ら製作した川越旅行というプレゼンを披露してくれました。名所旧跡、歴史、エピソード、グルメとイメージが膨らんだところで各自自主制作に取り掛かりました。
マスタースライドの設定、表題と副題、当日のスケジュールの制作です。Webサイトからヤフー路線案内図などのコピーにはWindows+SHIFT+Sの画面の切り取り方法が有効です。著作権については、この場限りの本格的なものではないので考えなくてよいことにしましたが、本来なら引用文献には注意が必要です。皆さんの画面を後ろから見ていると例の「時の鐘」の画像を張り付けてあるのが目立ちました。ネットで「川越」とひくと真っ先に出てくるのだからしょうがないでしょうか・・・
講座終了後の感想には「PowerPointにはいろいろな機能があることがわかりました。」的なものが多かったです。中には主語が「PowerPoint」でなく「パソコン」になっている人もいましたが、パソコン自体にあまり経験がない人もいるようです。家で復習して疑問を思ったことをサポータに聞いて解決している勉強家もいました。
人前でプレゼンテーションは慣れている人は短く収めるのが大変でしょうが、慣れてない人は5分でも難しいでしょう。PPTは「ノート」と呼ばれる印刷形式があるから、下書きを作っておいてそれを読むだけでもいいのではないでしょうか。(ET)
posted by dss at 10:01| Comment(0) | パソコン講習会

2020年01月17日

ステップアップ講座パワーポイント(1日目)開催

日時:2020年1月12日(日)10時から12時
場所:心障センター 第一会議室
受講者:7名 +1名(家族の方)
講座内容
 パワーポイントの基本操作
 テキスト、図形、画像、GIFアニメ、BGM、ハイパーリンク、アニメーションの入れ方
今回はどういうわけか、応募者が多く、受け入れ側としては限度ギリギリの人数になりました。しかも比較的若い男性が多いのが特徴です。今の学校でのパソコン教育がどうなっているのか、あるいはパワーポイントというソフトがどう学ばれているか分からないですが、応募者が多かったのは偶然というよりは、近年のICT化の流れと判断したほうが良さそうです。
学校の黒板もデジタル化に向かっているようでし、会議室と名が付くところにはプロジェクターや大型ディスプレイはたいてい有ります。そこで活躍するのはパワーポイントです。
パワーポイントはスライドを作る側も見る側も、カラフルなデザインや軽快なフットワークに魅せられます。コンテンツとして表、グラフ、図形、オンライン画像、ビデオなど、自由に加工し、挿入でき、また使ったスライドの再利用、順番の入れ替え、Wordからスライドに改変も簡単にでき、また実際にスライドを動かしてみて、プレゼンテーションの練習もできる優れたソフトです。
講座を始めるにあたって気にかかるのは各受講生の技量です。バラバラなのは致仕方のないところですが、企画したプランとマッチするかが気になるところです。今回は違和感なくて大体程度がそろっていたようで講師はほっとしたことでしょう。
多くの人はWordが出来るようですが文字は打てても、ワードアートやテキストボックスなどは未経験のようです。できる人はそれなりに程度の高いところを目指せばよいので、隣に選りすぐりのサポータがつくので心配はありません。アニメーションに目を奪われ、難しく感じるかもしれませんが、アニメーションは出来上がったあとからでも入れれば済むもので気にする必要はありません。
主な感想 
● 非常に感動するのが2つくらいあり、自分でできるようになりたいと思います。
● PowerPointでいろいろなことができることが、よく分かりました。
● 今日はいっぱい教わったので、自宅に帰ってから独りでやれるかどうかは自信がありません。
● パワーポイントは初めてだけど、丁寧に教えてもらって、いろいろなことが出来ることがわかった。
この講座は技術の習得がメインで、内容は二の次と考えてよいのでしょう。ほんの短い時間での入門編ですが、是非とも最後まで頑張って何かを掴んでください。(ET)
posted by dss at 09:51| Comment(0) | パソコン講習会

2019年12月29日

SNS・ブログ講習会(4日目)開催

日時:2019年12月22日(日)10時から12時
場所:心障センター 第一会議室
受講者:3名 +1名(家族の方)
講座内容
ブログ、Ameba、ペイントで絵を描きAmebaに投稿
4日目の課題はブログです。ブログは広く一般に読まれること前提とした日記風なもので、電子掲示板とともに、SNSの“さきがけ”となりました。
サービスに提供するAmebaでアカウントをとるのに必要なものはメールアドレスだけでLINEやFacebookほど手続きが面倒ではありません。IDとパスワードを作れば簡単に登録が出来て始められます。講習会ではあらかじめ準備しておいたアカウントを使いました。
操作は「ブログを書く」の欄をクリックしてから編集画面を開き、内容を書くわけですが、画像をドラッグして簡単に入れられるのが便利です。今回はアクセサリーのペイントで絵を描いて投稿の練習をしましたが絵が苦手な人は少々苦戦したようです。後は公開するのにあたり、「全員に公開」か「あめんばー限定公開」を決めて投稿します。
これで4回の講座が終りましたがSNS・ブログの講座は数ある講座のうちでも単なる技術でなく人と人とを繋ぐコミュニケーションツールが課題で、社会に対して何らか働きかけると言う点が他のものと違います。だから、失敗が怖いとか、犯罪に巻き込まれるのではとかいろいろ心配がありました。
今後にSNSをどう生かすかは皆さんの努力しだいと思います。「あー終った」でおしまいにしないで、LINEならその優れた機能性をどんどん使っていって欲しいと思います。また、ツイッターやインスタブラムは写真を送るツールとして非常に便利です。
また、Webの使い方の講座がありましたが、「魚を与えるのではなく、魚を釣る方法を教えるのがよい」とよく言われます。情報が錯綜する今日、どうのように情報に得て活用していくにはどうしたらよいのでしょうか。今はわからないことがあると、誰でもすぐネットで調べます。上手な人はすぐに解決につながる情報を探し出して活用しますが、そういう方法をもっと紹介できたらと思います。(ET)
posted by dss at 16:50| Comment(0) | パソコン講習会