2011年08月26日

通所でのiPad 2の利用(2)

ban.JPGtaikyoku.JPG
前回は「黒板」というソフトの利用を紹介させて戴きました。
今回は利用とは言えないかもしれませんが、楽しくやられていましたので紹介してみます。
ここの通所では将棋が大変盛んで、イベントとして将棋大会なども催されているようです。
それで急きょ将棋のソフトをダウンロードして、お見せしました。
そうしたらすぐにお二人の方が使ってみられました。
このソフトは単に将棋盤をソフト化しただけのものです。
動かしたい駒をタップし、移動させたい場所をタップすると、その位置に駒が動きます。
そして駒を打つ「ピシッ」という音までします。
普通将棋をやられるときに駒を摘まんで動かしにくい方は、口で場所を言って動かしても
らいます。
これだとやはり自分で将棋を指しているという気分が、半減することと思います。
自分で駒を動かして将棋をするには、このソフトが適しているように思いました。
また「待った」モードがありますので、手が思う位置に動かなかった場合にもやり直しが
簡単にできます。

将棋をご存じない方は判りにくいかもしれませんが、先手後手を決めるのに「振り駒」を
行います。
「歩兵」の駒を5個持ち、両掌の中に包んで「カシャカシャ」降って放り投げます。
表を向いた駒が多ければ「振り先」と言って、振った人が先手になります。
これをこのソフトで行うには、iPad 2を両手で持って、ぐるぐる動かしますとできます。
ちょっと面白い遊び心ですね。(TUNA)
posted by dss at 22:37| Comment(0) | 施設サポート