2015年11月26日

障害別パソコン講習会(視覚コース)第4日目

日時:平成27年11月22日(日)午前10時から12時
場所:八王子市心身障害福祉センター第一会議室
参加者3名(1名お休みされました)

<学習内容>
NetReaderを使ったホームページの閲覧
・URLでの閲覧(NHKオンライン)→お気に入りへの登録
・リンクをたどる方法
・キーワード検索(広報はちおうじ)→ 声の広報はちおうじを聞く
・お気に入りからNHKのラジオ放送を聞く
・ラジコのサイトで民放ラジオを聞く
P1000377.jpg P1000378.jpg P1000381.jpg

今日は所用でお一人がお休みだそうですので、そろそろ始めようと思います。
今日の講義はインターネットです。
インターネットはパソコン単独ではできず、インターネットへの接続サービスを提供するプロバイダと契約する必要があります。
インターネットを閲覧するアプリをブラウザと言い、通常無料で入っているインターネットエクスプローラを使いますが、この講義では音声ブラウザNetReaderを使います。
NetReaderの画面はこの講義では上部にテキスト画面、下部にグラフィック画面が表示されています。
(本当は視覚障害の方が使う場合はテキスト画面だけでいいのですが、我々サポーターはグラフィック画面が見える方がどういう状態か把握し易いので、こういう画面構成を選んでいます。)

P1000382.jpg P1000383.jpg P1000387.jpg
インターネットで自分の希望するサイトを見るにはURL(ホームページの住所のようなもの)を入力する方法、キーワードで検索する方法、リンクをたどる方法の3つがあります。
ますURLを入力する方法を行ってみましょう
「ファイル」から「開く」を選んでエンターしますと、アドレスの入力画面になります。
そこに「k.nhk.jp」と入力します。
ここはNHKオンラインの携帯サイトです。
見易い構成になっているのでここを選びました。
下矢印で1行ずつ移動、Tabキーでリンクのあるとことに飛びます。
なお、一般のテキストは女性の声、リンクのあるところは男性の声に設定してありますので、これで区別することができます。
ニュース等興味あるところを聞いてみて下さい。
更に後でこのサイトを使いますので、お気に入りに追加しておいて下さい。

P1000388.jpg P1000389.jpg P1000390.jpg

次はキーワード検索を行います。
AltキーとHomeキーを同時に押して、最初の検索画面;ホームに戻ります。
検索窓に「広報はちおうじ」と入力し、エンターを押します。
ここで広報誌を音声で聞いてみましょう。
ページ内の文字検索をするには、CtrlキーとFキーを同時に押します。
出てきた検索窓に「声の広報」と入力してエンターを押します。
最新号が出てきますが、バックナンバーも聞くことができます。
適当なところを聞いてみて下さい。

ついでラジオを聞いてみましょう。
お気に入りから先程登録した「NHK」を開きます。
Tabキーを何回か押して「NHKネットラジオらじる★らじる」を選びます。
以前はこれでラジオが聞けたのですが、今は少し変りました。
更にリンクをたどって「NHKネットラジオらじる★らじる」へ行き、Tabキーで第一放送、第二放送、FM放送を選んで聞いてみて下さい。

P1000391.jpg P1000392.jpg P1000393.jpg
次は民放ラジオを聞いてみましょう。
ホームに戻り、「ラジコ」で検索してください。
Tabキーを何回か押して好みの局を選び、聞いてみましょう。

今日のネット体験はこれで終ります。
ちなみにPCトーカーの女性音は「Misaki」、男性音は「Show」と呼ばれていて、合成音声です。
「声の広報はちおうじ」はどなたかの朗読を録音した声です。
やはり肉声の方が若干自然で聞き易いですかね。

P1000395.jpg P1000400.jpg P1000402.jpg
これで4日間の講習が終りましたので、八王子市長から修了証が出されます。
心障センター所長の峯尾さんが代読され、一人一人に手渡されました。
ご夫婦で参加された方のご主人の、大変嬉しそうなお顔が印象的でした。
もう一人受講された方には申し訳ありません。写真がピンボケでここに載せられませんでした。
講習会終了後はそのサポートに学習会が月3回開かれています。
これからはその学習会に参加され、楽しいパソコンライフが送れるようになるといいですね。

受講者の感想
・今回参加させていただいて、ありがとうございました。
 皆様のサポートのお蔭で、発見があって、「おーおー」ということばかりで感動でした。
 また何かありましたら、皆様お力ぞえをお願いします。
・色々有難うございました。
 パソコンをずっと開いていなかったので大変でした。
・すごく貴重な講習会だったのに結局ブラインドタッチを家でも練習して来たんですが、
 それさえ全然追いつけなくて何か後は主人を頼ってしまいましたが、これからボチボチ
 頑張ってやっていこうと思います。
 きっかけになって本当に助かりました。
特別受講のご主人の感想
・一緒に家でいろいろできようになりました。
 有難うございました。

                     記録 ; TUNA


posted by dss at 15:04| Comment(0) | パソコン講習会

2015年11月18日

障害別パソコン講習会(視覚コース)第3日目

日時:平成27年11月15日(日)午前10時から12時
場所:八王子市心身障害福祉センター機能回復訓練室
参加者4名

<学習内容>
1.MMMail2の起動と画面の説明
2.メニューバーによるアプリケーションソフトの操作
3.MMMail2を使ったメールの送受信

P1000065.jpg P1000066.jpg P1000069.jpg
今日も早めに来られて、Kさんに何やら相談されている人がいます。
恥ずかしながら私、「これ、何のリモコンですか?」って聞いてしまいました。
実はこれ「リンクポケット」って言って、実に優れものなんだそうです。
これはパソコンを使わずにサピエ図書館にあるデイジー図書をストリーミング(再生)または、ダウンロード(機械に保存)して聴くことができる小型のデイジー再生機です。
更にICレコーダーとしても使えます。
日常生活用具になっていて、視覚障害者の方へは八王子市から支給されるそうです。

定刻になりましたが、今回もまだ来られていない方がいますので、最初にWindowsのバージョンや対応するスクリーンリーダー等のバージョンの説明がありました。
OSとアプリのバージョンを合わせないとうまく動いてくれませんので、注意が必要です。

P1000070.jpg P1000073.jpg P1000074.jpg
おそろいになりましたので、今日の講義を始めましょう。
今日はメールを練習します。
アプリはMMMail2を使います。
このアプリはシェアウェアです。お試し版をダウンロードし、良ければ送金しますとライセンスIDが送られてきて正式に使えるようになります。

MMMail2を立ち上げると、最初に3つに分割された画面になります。
左側は受信箱、送信箱等のフォルダを選択できます。
右側上部はメールのリストビューになります。
右側下部はメールの内容が表示されます。
これらの画面の移動はTabキーや矢印キーで行います。

P1000075.jpg P1000076.jpg P1000077.jpg
まずはメールを受信してみましょう。
講師のMさんや機器操作のKさんからメールが届いています。
Kさんは例のSurfaceにブルートゥースのキーボードを付けて操作されています。
ちゃんと動くようになったのかな?

P1000081.jpg P1000082.jpg P1000083.jpg
ではメールを送ってみましょう。
MさんやKさんに返信メールを送ります。
この場合は宛先や件名を入れる必要がありません。
次に新規メールを送信してみましょう。
新規メールの場合は宛先と件名の入力が必要です。
宛先の入力は記入間違いを防ぐため、アドレス帳から行います。
受講者の人は隣の受講者へ送るようにして下さい。
できましたら、他の人へも自由にメールして下さい。
ご夫婦の方はここで愛のメール交換があったとか、なかったとか・・・

P1000084.jpg    P1000086.jpg

メール体験はいかがだったでしょうか。
お友達同士メール交換をして楽しんで下さい。
次回はインターネットを体験していただきます。
インターネットでは非常に豊富な情報が得られます。
楽しみにして下さい。

受講者の感想
・新しいことの発見がいろいろと沢山あって、
戸惑うこともありますが、しっかりと覚えて
行きたいと思います。
・長いことパソコンを開いていないので苦労しました。
・ちょっとまだまだ目に頼って今日は目が疲れました。でも頑張ります。
・メールはやりたかったので、今度は利用してみようと思います。
メールアドレスの保存の仕方も教えて貰いたいと思います。
特別受講のご主人の感想
・いい体験をさせていただきました。

                     記録 ; TUNA
posted by dss at 20:22| Comment(0) | パソコン講習会

2015年11月16日

タブレットとパソコン祭り

maturiyou.JPG
11月14日(土)は、クリエイトホール(八王子駅近く)にて、タブレットとパソコン祭りが開催されました。私は、タブレット部門を担当いたしました。
情報ボランティア障害者支援の会での応援参加で、大勢の方々にタブレットを紹介させていただける機会でした。

障害関連のアプリの紹介などを中心に企画したものですが、なんと言っても市民のパワーはすごい。大勢の方々がタブレットに関心を持っておられるので、「タブレット何でも相談・紹介」ということになりました。

私は、事前に、「マルチメディアDaisy」と「音声コード Uni-Voiceを利用して」をメインに用意していたのですが、少しだけですが紹介できたように思います。

先着50名の方にカレンダーつきの資料(URLを書いただけのものですが)を音声コード及びQRコードをいれてB6版で印刷し、配布いたしました。すぐに用意した50枚はすぐになくなってしまいました。もっと用意しておけばよかったと思いました。
(記:のむ)
posted by dss at 09:21| Comment(0) | フリートーク