2017年11月23日

パソコン講習会(視覚障害者)開催

41.JPG
パソコン講習会(視覚障害者)開催
  〜4回コース4日目〜
日  時:11月12日(日)10時から12時
場  所:八王子市心身障害者福祉センター
主  催:八王子市心身障害者福祉センター
講座担当:情報ボランティア障害者支援の会
受講者:6名
担当スタッフは11名
役割 ・講師 1名
   ・講師補助 1名
   ・受講者個別サポート担当 6名
   ・記録その他 3名
42.JPG
講座内容(4日目のテーマ)
 NetReaderを使ったホームページの閲覧
 使った機器、ソフト ノート型パソコン+外付け標準キーボード、
 NetReader
いよいよ最終回での課題はインターネットで、ホームページの閲覧です。この講座を受講する動機でもホームページの閲覧が一番多いのでは思われます。
ここでも重要なのは、やはりタッチタイピングの技術です。パソコンのキーボードは108個のキーがあり、1つ1つに役割があり、また複数の役割があるものもあります。今の時代、このツールがこの段階で進歩が止まるとは思いませんが、108個とは如何せん多すぎる感じがします。正眼者はマウスで平面上の位置関係を利用して使うキーを省いていますが、障害者用のマウスがあってもよいような気がします。マウスパッドと画面が対応すればイメージしやすくポインターが指せば「しゃべる画面」など作るのは可能だと思います。108キーのうち文字入力の26文字以外どんなキーが使われているかと、第一日目は機能キーの5つと、[Space]と上下左右の矢印で10種類です。2日目は[Back Space]と[Delete]の2つが加わります。3日目は追加はなく、4日目は[Shift][Esc][Ctrl][Home][End]と[H]の特殊な使い方、また、両方を同時に押す使い方が必要になります。これをみてもホームページの閲覧が大変なことが分かります。

おぼつかない手つきでしたが、、サポータの助けを借りて、全員何とか「NHKラジオ」や「広報はちおうじ」のホームページにたどり着きました。音声で聞くにはさらに検索をすすめなくてはなりません。それでも終了後の感想で、「難しい」「わからない」といことと共に学習会にきて続けて勉強したいという人が多かったことは、今回の講座は成功だったということでしょう。
                      (ET)

posted by dss at 22:18| Comment(0) | パソコン講習会