2018年05月28日

Voice Overを使ってのiPad講習会(三日目)

Voice Overを使っての視覚障害者対応のiPad講習会(三回目)が開催されました。

開催日時:5月27日(日)10時から12時
場  所:八王子市心身障害者福祉センター

受講者:7名(他に同伴家族1名)
スタッフ:12名
 スタッフは講師1名の他、受講者と同伴家族の個別対応に当たります

◎3日目の学習内容
 ・音声認識アプリSiriの使い方
 ・Siriを使ってカレンダーにスケジュールを追加してみる
  Siriに追加したスケジュールを探して貰い確認する
  間違って追加されたスケジュールをSiriに削除して貰う
 ・スクリーンキーボードの音声入力を使って文字入力をしてみる

今回は、Voice Overの複雑なゼスチャーを使わなくても音声で情報を入手したり、文字入力をしたり出来るアプリ使い方です。
最初に講師が手順を説明し、やって見せます(ではなく聞いて貰います)が、受講生がいざやってみると上手く出来ません。
ホームボタンを長押しして話しかけるわけですが、最初はタイミングがずれたり、話しかける言葉が途切れたりでSiriの回答がピントはずれなものになってしまいます。
でも、練習を重ねていくと、まともな回答や情報が返ってくるので便利さが判り、有効活用が出来そうだと判って貰えたようです。

視覚障害者にとって、予定をメモするのは大変なことであり、その上メモした予定を探して確認すのは更に大変ですが、Siriを使う事によってそれが音声だけで簡単に出来るので、是非とも覚えて欲しい物の一つですね。

最後の音声入力での文字入力は、慣れてくると便利なのですが、入力した文章を修正するのが難しいと言うよりは出来ないと言った方がいいようです。
それは、修正する文字の所にカーソルを移動する事が出来ない(方法は有るのかも知れませんが)ので、最初からやり直すことになってしまいます。
その為、講師のKさんは外付けのキーボードを使っています。
受講された方も、便利な方法である事は判ったものの使いこなすのは難しいそうだと感じておられたようでした。

障害者向けのアクセシビリティがもっとモット増えてくれるといいですね。
公式サイトのお役立ち情報(http://ivdss.org/usefulinfo/)も御覧ください。
by tkoj
posted by dss at 16:24| Comment(0) | iPad講習会

2018年05月22日

VoiceOverを使ってのiPad講習会(二日目)

iPad講習会(視覚障害コース)を開催しています。

VoiceOverを使っての視覚障害者対応のiPad講習会です。
4日間の初心者コースで、今年も、こうして始まりました。

開催日時;5月20日(日)10時から12時

場所;八王子市心身障害者福祉センター

受講者;7名

スタッフ;11名
 スタッフは、講師役が1名 個別対応のサポート役が7名
 他に、全体的なサポート対応などで1名 記録や雑用などで2名
 (家族へのサポートも含まれます) 

〇二日目の学習内容

 ・初日の復習
  ジェスチャーの練習など
 ・NHKラジオを聞く
 ・TapTapSeeを使って見る
   カメラ機能を使って、形態認識するアプリの利用
 ・MoneyReaderを使って紙幣の識別
   紙幣をかざすとすぐに反応するので、驚きです。
   外国の紙幣も一部ですが認識します。
 ・iよむべえを使って印刷物を読み取る
 ・OCR Proを使って印刷物を読み取る
   
本日も、皆さま熱心に取り組まれました。VoiceOverの声と皆さんの
声と、狭い部屋での講習会では、喧噪の感じになったりすることも
あって、なかなか大変。だんだんと声も大きくなってしまいますね。
それだけ熱中していると言えるのですが、やはり大きなお部屋が欲し
いです。

*VoiceOverに関心のある皆さまのアクセスをお待ちしています。
(記録;nomu)
posted by dss at 20:04| Comment(0) | iPad講習会

2018年05月15日

VoiceOverを使ってのiPad講習会

iPad講習会(視覚障害コース)を開催しています。

私たちのボランティアグループでは、情報機器から取り残されがちな方々に、いろいろな角度から、機器利用のサポートを実施しています。
このiPad講習会もその一環です。

VoiceOverを使っての視覚障害者対応のiPad講習会です。
4日間の初心者コースで、今年も、こうして始まりました。

開催日時;5月13日(日)10時から12時

場所;八王子市心身障害者福祉センター

受講者;7名

スタッフ;11名
 スタッフは、講師役が1名 個別対応のサポート役が7名
 他に、全体的なサポート対応などで1名 記録や雑用などで2名
 (家族へのサポートも含まれます) 

テキスト;
 ・Daisy版テキスト
 ・音楽CD版テキスト
 ・点字本
 ・墨字本(フォントの大きさは、希望により印刷)
 など用意しています。受講者の要望に応じた形で提供しています。
  (家族向けに、墨字本での提供も実施)
 *テキスト作成では、
   点訳やテキスト読みあげデータ作成でたくさんの方々の支
援をいただいています.Daisy版や音楽CD版は講師役が作成
しました。

〇初日の学習内容

・iPadを触る
・物理ボタンの説明
・ジェスチャーの説明
・ジェスチャーの基本用語
・よく使うジェスチャーの練習
・iPadの起動と終了

*初日は、伝えたい情報が少し多いので、受講者には大変ですが、皆さま熱心に取り組まれました。こうした情報機器に全く触れたことのない方もおられますので、なかなか大変ですね。でも、体験しながら一歩一歩前に進む過程を、見事に歩まれるのを見ると、逆に我々が励まされる感じで、やはり、やりがいのある講習会でもあります。

*VoiceOverを使ってといっても、なかなかそう簡単なことではありませんし、画面をタッチすることなどやったことのない方々へのサポートも、そう簡単にはいきません。しかしながら、私たちも、もう何年もこうしたサポートに関わらせていただいているので、ちょっとしたコツなどもある意味心得たもので、おもしろい講習会でもあります。

*VoiceOverに関心のある皆さまのアクセスをお待ちしています。
(記録;nomu)
posted by dss at 11:54| Comment(0) | iPad講習会