2018年07月19日

PCステップアップ講習会(Wordコース)1日目

   日時;平成30年7月15日(日)10時00分から12時00分
   場所;八王子市心身障害者福祉センター 訓練室
   受講者 ; 6名
   学習内容
      二つ折りの旅のパンフレットを作る

 将棋を指さない人でも史上最年少でプロ棋士になった藤井聡太七段なら、どんな人か知りたいと思うのではないでしょうか? 偶然に15日のこの講習会が行われている同じ時間帯に、将棋のNHK杯1回戦、藤井聡太七と戦後最年長でプロ棋士なった今泉四段の1局がテレビで放送されました。予想に反して藤井七段が負けてしまったのだから世の中わかりません。そのあとは囲碁の番組で、今度は車いすで生活する16歳の女子高校生が、囲碁のプロ試験に合格したことが放送されました。将棋も囲碁も体のハンディはまったく関係ないとは言い切れませんが、かなり対等に戦える分野だと思えます。そしてそれはパソコンにも言えます。 障害者がパソコンを習いに来るのには理由があるのをなんとはなしに理解しています。それが仕事として、プロとして活用できればいいなと思っているし、普通の人より、たぶんその“権利”は多めにあるに違いないと思います。

 ある程度WORDの技術を手にした人たちは何するでしょうか。年賀状や何かの広告やお知らせ、グループ内新聞や小冊子など自由に作れたらいいですね!! そんな希望を見越してのステップアップのWORDの講座を開きました。今回のテーマは「旅のパンフレット」です。目的の旅行を的確に知らせる案内、いろいろ応用も出来るかも!!

 今回の講座のポイントは画像の取り込み、画像のグループ化、テキストボックスのなかに、画像の配置と説明文を入れることなどです。似たようなことは随分やってこられたことだろうと思うけど、ここぞいう時に正確に出来なければなりません。

ポイント1 インターネットから画像の取り込みと図のグループ化
今回は昇仙峡を材料にパンフレットを作ります。インターネットで検索、メインの画像と、トレッキングコースの図を取り込みます。メインになる題字はアートワードで加工します。コントロールキーを押しながら選択、グループ化をしますが、画像が「文字列の折り返し」で行内になっていると選べない場合があります。

ポイント2 CTRL+D コピー機能を理解する
CTRL+CとCTRL+Vをあわせたもの。ネットで検索してもなかなか出てこない。

ポイント3 テキストボックス内の画像の配置と説明文をつける。

テキストボックス内に写真を貼ると、文字列の折り返しが行内になるので、絵を中央に持ってくるには「中央揃え」します。1行目に写真をいれ、2行目に説明文(右側は反対) 同じようにテキストボックスを10も作るので時間がかかります。地名の入力が意外に難しく長潭橋の「潭」の字を引き出すのが大変でした。

    No.1.JPG      No.2.JPG
     まずは余白の設定から         メイン画像の取り込み

    No.2.JPG      No.4.JPG
    10個のテキストボックスを作る      出来たかな!!

(記録;ET)

posted by dss at 20:01| Comment(0) | パソコン講習会