2019年06月12日

NVDAレポート 25 Thunderbirdの設定を少し変える

【訂正】
前の項目で、テーブルのリストで、「未読」と読まないと書きましたが、良く聴くと、件名の後で「未読」とガイドがありますね。
しかし、[上下カーソル]キーで件名のリストを読むと、「未読」は消えます。
まあ、視覚障害者用に作られたSoftではないので、テーブルで、件名を選択すると同時に、本文(メッセージペインと言う)が画面に出るようですので、健常者は、件名を選択すると同時に、本文(メッセージ)も読んでいる訳です。
ですから、件名を選択した状態で、「未読」が消えるのだと思います。
我々は、本文(メッセージペイン)を読むのは、[F6]キーを一度押さないとなりません。
この[F6]キーを押した時点で、テーブルから、「未読」が無くなると良いのですが…。
まあ、視覚障害者用に作られたSoftではないので、この辺は、注意しないとなりませんね。

新着メールの受信の設定を変えます。
「Mozilla Thunderbird」は、起動と同時に新着メールを読み込む設定がデフォルトのようです。
これを、読み込まないように設定します。
私は、メーラーを、オフラインで使用することの方が多いので、起動する度に新着メールを読み込まない方が助かるのです。

1.[Windows+D]キーを押して、デスクトップを選択します。
2.[M]キーを何回か押して、「Mozilla Thunderbird チェックボックス 選択 チェック」を選択して、[Enter]キーを押します。
3.「Mozilla Thunderbird」が起動します。
4.「ホーム - Mozilla Thunderbird biglobe - Mozilla Thunderbirdアラート biglobe に 14 通の新着メッセージを受信しました」とガイドがあり、新着メールを受信します。
続けて、受信したメールのテーブルを読み始めます。
5.[Esc]キーを押して、読み上げを停止します。
6.[Alt]キーを押して、「ファイル サブメニュー Alt+F 1の7」を選択して、[右カーソル]キーで、「ツール サブメニュー Alt+T 6の7」を選択します。
7.[上下カーソル]キーで、「アカウント設定 S 1の2」を選択して、[Enter]キーを押します。
8.「アカウント設定 ダイアログ ツリービューレベル1 biglobe 展開 2の4」とガイドがあり、「設定のダイアロルが開きます。
9.[上下カーソル]キーで、「サーバー設定 1の7 レベル2」を選択します。
10.[Tab]キーを押して行き、「新着メッセージがないか起動時に確認する チェックボックス チェック Alt+C」を選択して、[Space]キーで、「チェックなし」にします。
これで、「Mozilla Thunderbird」を起動しても、新着メールを読み込みません。
11.[Tab]キーを押して行き、「新着メッセージがないか チェックボックス チェック Alt+Y」を選択して、[Space]キーを押して、「チェックなし」にします。
12.[Tab]キーを押して、「新着メッセージを自動的にダウンロードする チェックボックス チェック Alt+M」を選択して、[Space]キーを押して、「チェックなし」にします。
これで、「Mozilla Thunderbird」が起動中に、新着メールを読み込みません。
13.[Tab]キーを押して行き、「ダウンロード後もサーバーにメッセージを残す チェックボックス チェック Alt+G」は、パソコンを1台で使用している場合は、[Space]キーを押して、「チェックなし」にした方が良いと思います。
但し、受信の設定を、「IMAP」等で設定している場合は、ここは「チェック」のままにして置きます。
14.[Tab]キーを押して行き、「OK」を選択して、[Enter]キーを押します。

「Mozilla Thunderbird」を起動している状態で、手動で新着メールを読み込むのは、[F5]のショートカットキー、または[Alt+F,W]のアクセスキーを使います。

画面の表示を、「クラシック表示」に変更します。
画面の構成は、単純な方が使い易いと思い、表示を、「クラシック表示」に変更して見ます。

1.[Alt]キーを押して、「ファイル サブメニュー Alt+F 1の7」を選択して、[右カーソル]キーで、「表示 サブメニュー Alt+V 3の8」を選択します。
2.[上下カーソル]キーで、「レイアウト サブメニュー L 2の3」を選択します。
3.[右カーソル]キーで、「サブメニュー」を開きます。
4.[上下カーソル]キーで、「クラシック表示 ラジオボタン項目 チェックなし C 13 レベル1」を選択して、[Enter]キーを押します。

これで、画面表示が、「クラシック」になったと思います。

メールの並び順を変えます。

1.[Alt+V]キーを押して、「表示 サブメニュー Alt+V 3の8」を選択して、[上下カーソル]キーで、「並べ替え順序 サブメニュー S 1の2」を選択して、[右カーソル]キーで、サブメニューを開きます。
2.[上下カーソル]キーで、「降順 ラジオボタン項目 チェックなし D 2の2 レベル1」を選択して、[Enter]キーを押します。

これで、テーブルの一番上が、最新のメールになります。

(masana)
posted by dss at 17:46| Comment(0) | 視覚障害関係