2019年06月21日

初級プログラミング講習会 (2日目)開催

日時;2019年6月16日(日)13時30分から15時30分
場所;八王子市心身障害者福祉センター会議室
主催;八王子市心身障害者福祉センター
講座実施担当:情報ボランティア障害者支援の会

〇受講者:4名 + 見学者1名

〇スタッフ 10名
・講師役 1名
・個別対応スタッフ 5名
・その他 4名

〇2日目の内容
・音を鳴らしてみよう
・スプライトの設置、音を設定する、コスチュームを設定
 コードのコピー、ほかのスクラッチの音を取り込む、カエルの輪唱

アジサイの花があっちこっちで見事に咲いて、咲き始めるとこんなにも多かったのかと思うほどです。これでうっとうしい梅雨の季節も乗り切れそうです。

scratch1.jpgところで初級プログラミング2日目は”音”がテーマです。講座の前半はスクリプト(今回は数字でした)をつくり、それに音をつけるプログラムを作りました。スクラッチにはあらかじめ準備された楽器やパーカッションが40くらいあります。録音でもCDでも音が出るものはファイルの形式が合えばかなり取り込めるようです。また、インターネットでスクラッチのホームページから、ほかの人が作った作品から音源を使うことも出来ます。スクラッチはプログラミングの技術を覚えると同時に、創造的なアイデアをみんなで共有して育てていくことが必要と考えて、ほかの人が手がけた作品に手を加えて発表してもよいことになっています。

scratch2.jpg後半は、外部から音声信号を取り入れ、オシログラフのように表示させ、しきい値をこえたらドラムがなる仕掛けです。実際どの様なプログラムかはスクラッチのHPから検索すると見られます。

今回は皆さん、優秀でどんどん先に進んでしまい、時間に余裕があったので、講師がオセロゲームを披露しましたが、なんとS君が簡単に勝ってしまい、皆さんを啞然とさせてしまいました。この種のソフトは強いので容易には勝てないものと思ってました。
posted by dss at 09:40| Comment(0) | パソコン講習会