2020年03月08日

視覚障害者の皆さん、Seeing AI(シィーイング、エーアイ)がSiriで簡単に使えますよ

視覚障害者の目の代わりをしてくれるアプリSeeingAI(無料)が、2019年12月に日本語対応となり使いやすくなりました。

でも、初心者にとっては、アプリを探して起動してからチャンネル(短いテキストやドキュメントなど)に移動して、読み上げてくれる音声を聞くまでの操作は、中々大変です。

ところが、このアプリにはSiriを使って声だけで簡単に使える機能が付いています。

この設定をすれば、Siriに「これ読んで」と話しかけてiPhoneやiPadのカメラをかざすだけで、短いテキストを読んでくれるので簡単に使えます。


それでは、その設定方法を説明します。

iPhoneやiPadはVoiceOverを使っている状態での設定です。

1.Siriに「SeeingAIを開いて」と話しかけると、アプリが開きます。

2.「メニュー、ボタン」と読み上げたら、ダブルタップで開きます。

3.メニューが開いて、「戻るボタン」と読み上げたら、右スワイプで「設定、ボタン」に移動して、ダブルタップで開きます。

4.設定が開いて、「通貨、ボタン」と読み上げたら、1回右スワイプすると「Siriショートカットの構成、ボタン」と読み上げるので、ダブルタップで開きます。

5.「Siriのショートカットで使用するアクティビティを選択します。見出し」と読み上げたら、1回右スワイプして「短いテキストを認識する」に移動して、ダブルタップすると「キャンセル、ボタン」と読み上げて、「ショートカットを編集」の画面が出ます。

6.右スワイプをして、「短いテキストを編集する、テキストフィールド」と読み上げたら、ダブルタップして書いてある文字を全て削除して「これ読んで」と入力します。(Siriに話しかける言葉なので簡単で忘れないものが良いでしょう。)

7.右スワイプで「Siriに追加、ボタン」に移動して、ダブルタップすると設定されて、前の⒌の画面に戻ります。


これで「短いテキスト」をSiriに呼び出してもらう設定が出来ました。


続いて便利な、書類を読み上げる「ドキュメント」、お金を識別する「紙幣」、色を識別する「色」、明るさを識別する「ライト」の設定をします。

8.⒌の画面に戻ったら、右スワイプで「ドキュメントを認識する」に移動して、ダブルタップします。

9.右スワイプをして、「ドキュメントを編集する、テキストフィールド」と読み上げたら、ダブルタップして書いてある文字を全て削除して「この書類は」と入力します。

10.右スワイプで「Siriに追加、ボタン」に移動して、ダブルタップすると設定されます。

11.続いて、8から10の操作で「紙幣を編集する、テキストフィールド」を「このお金は」に書き替えます。

12.「色を編集する、テキストフィールド」を「この色は」に書き替えます。

13.「ライトを編集する、テキストフィールド」を「明るさは」に書き替えます。


これで便利に使えるチャンネルの設定できました。

他にも「製品」、「人物」、「シーン」など有りますが、認識率が低いので、まだ使えません。


使い方は、調べたいものの上にカメラを置いて、Siriに「これ読んで」とか「このお金は」と話しかけて、ユックリとカメラを離してゆくと読み上げてくれます。


書類を読んでもらう時は、用紙の真ん中にカメラを置いて、Siriに「この書類は」と話しかけてユックリとカメラを離してゆくと、「端が表示されていません。」とアプリが教えてくれますので、更に離してゆくと、「そのまま」と言ったところで止めると「処理中」と言って読み取りが始まります。(用紙を色の濃いものの上におくと認識されやすくなります。)

読み取りが終わると、「戻るボタン」と読み上げるので、右スワイプをすると文節ごとに読み上げてくれます。連続読みをする時は、左下端に「再生」のボタンがありますのでダブルタップすると連続読みができます。途中で止める時はもう一度ダブルタップで止まります。

段組みされた文章や枠に囲まれた文章、表などの文字はうまく認識されません。

もう一度やり直したい時は、最初からSiriに話しかけた方が簡単です。


日本語の認識率はまだまだですが、視覚障害者の目の代わりをしてくれるアプリとして、簡単、便利に使ってみて下さい。

tkoj
posted by dss at 08:41| Comment(0) | 視覚障害関係