2017年05月16日

iPad講習会(視覚障害者向け)開催

s_20170514 02.jpgs_2017051401.jpgs_2017051403.PNG

iPad講習会(視覚障害者向け)
〜VoiceOverでiPad〜

視覚障害者向けのiPad講習会を開催しました。(4日コースの2日目)

日時:2017年5月14日(日)10時から12時
開催場所:八王子市心身障害者福祉センター
主催:八王子市心身障害者福祉センター
講座担当:情報ボランティア障害者支援の会

受講者:8名(1名欠席) 見学参加者:1名(iPad持参)
家族の方も3名一緒に勉強しました。

スタッフ:12名

2日目のテーマ
 初日の復習
 らじるらじる(NHK)で放送を聞く
 TapTapSeeをつかってみる
 iよむべえをつかってみる

今回も、皆さま、熱心に取り組まれ、どんどん慣れてこられた感じでした。ラジオを聞いたり、目の前の小物類(ペットボトルとか、小物商品や絵はがきなどもやってみました)をカメラで撮し、その物がどんな物なのかを読み上げてくれます。おおよそのことしかわからない場合もありますが、おおよそわかれば良いことが手軽にわかるということが肝心ですね。

また紙幣(ドルもユーロも元も)を判別することができるのでこれも助かります。硬貨はだめですが、紙幣を読んでくれるので、1000円札か10000円札か判別できます。特殊印刷や紙幣の大きさなどでの判別も可能ですが、見て判断するということを取り去ると、やはりなかなか難しい。そこで登場したのが「iよむべえ」。昔の千円札はだめでしたが、外国の紙幣も日本の紙幣もOK!!買い物に行くときは、まずアプリ「iよむべえ」をすぐ使えるようにして臨みましょう。おつりをもらうとき、確認は、iよむべえでしましょう。手間はいりませんね。          (記録;nomu)
posted by dss at 11:33| Comment(0) | フリートーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]