2018年06月20日

パソコンの思い出(3)

 〜「ピコワード5100」編〜

 昭和58年(1983年)から61年にかけて、不登校の子どもたちと接する職場だったこともあって、いわば猛勉強の時代を過ごすことになった(初めての経験の職だった)。その頃、河合隼雄の著作を読む機会が多く、特に、児童文学に関心を持ち始めていたし、忙しかったこともあって、そんな時こそ勉強にも身が入り、対象関係論なども面白く読んだものだった。

「<子供>の誕生 アンシャン・レジーム期の子供と家族生活」(アリエス著 みすず書房 1980年発行)に出会ったのもその頃で、今は有名になっているブリューゲルの絵画の一枚が表紙に印刷されたこの分厚い本も、熱心に読んだものだ。

 子どもが、単に大人の小型であった時代から、子どもが発見され、子どもが誕生していく過程を丹念に調べた(と思える)ものだと感心したことだった。こうした方面にも全く無知であったため、とても新鮮な印象を受けたことを覚えている。

 ブリューゲルの絵画展は、今年、東京で開かれていたが、そうなんだ、と納得したようなしないような。。。あの子どもの遊びをたくさん描かれている一枚が表紙になっていた本が、アリエスの【子供の誕生】である。

 河合隼雄が描いた子どもの世界。「子どもの宇宙」(岩波新書)や、たくさんある児童文学に関する著作などを読みながら、少しずつ児童文学に開眼(?)していった私だった。瀬田貞二の著作にも多いに啓発されたし、多くの研究者の著作にもいっぱいふれた時代であった。

 児童文学や絵本などたくさん読んだり見たりしたのもその時代からで、本当にたくさんの著作にふれたことになる。

 昭和61年、リコーのワープロの利用から出発して、私は、ブラザーのピコワード5100に出会うことになる。知ったのはいつだったか思い出せないが、昭和61年以降であることは間違いない。

 今西錦司など生態学関連本もたくさん読んでいたので、梅棹忠夫の著作もたくさん読んで、生態学だけでなく派生したいわば「情報管理論」などにも関心をもって読んだりしたものだった。
 京大カードも従ってけっこう早い時期から知っていたことになる。

 そのつながりで、「徳久芳郎さん」の読書カードの新聞記事に目がいって、ちょっと真似したりしたものだった。

 昭和63年7月発行の「[情報カード]の仕事術 〜個人の情報を活かしきる〜」(戸山茂彦著 ビジネスアスキー刊)はすぐ買ったように思う。その中に徳久芳郎さんの文章もあって、「ピコワード5100」の紹介も入っていた。

 この書は、実は、過去にもういらない本として処分し手元にないので、最近、ネットで古本を購入した。捨てなければよかったと後悔している。

 その頃の職場の機関誌に、ピコワードを買って児童文学関連の読書カードの内容を書いていて、昭和63年の春には購入したことが印されていたので、この書は、そうしたことのつながりで購入したと思われる。

 ピコワード5100は、ワープロ機能とテキスト型データベース機能とを切り替えて使う優れものであった。しかし、当時は、液晶も悪いし、スピードも遅かったし。。。しかし、これを使って、私は児童文学の読書ノートを作成し、いろいろ読後感など書き込んだりしたものだった。とても勉強になったのである。

 しかし、しかし、ブラザーでは今後こうした分野の開発はしないことになったらしいとの噂を聞いたので、その後使うことは控えるようになった。ちょうどパソコンが盛んになってきた時代でもあったので、そちらに気が向いていった頃にあたる。              (続く)

 次は、PC9801RAのことを書きたいと思っている。いよいよパソコンの出番である。

(記;nomu)
posted by dss at 11:26| Comment(0) | フリートーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]