2018年06月20日

プログラミング講習会第1日目

今サッカー・ワールドカップロシア大会が話題ですね。
最初「残念ながら・・・」なんて書こうと思っていたのですが、書かなくてよかった!
なんと日本はコロンビアに勝ってしまいました。
日本が南米チームに勝ったのは初めてのことだそうで、正に快挙ですね。
新聞ネタで恐縮ですが、日本代表チームのユニホームの色はご存知の通りサムライブルーです。
日本語には青二才というようにまだまだという意味合いもありますが、「青は藍より出でて藍より青し」という言葉もあります。
最後にお話しするつもりですが、今回の受講生、この先、先生よりずっと優秀になる気配を感じています。
えぇー、このシリーズでは例によって長っ話のTUNAが講習会の報告をさせて戴きます。お目汚しをどうぞご容赦下さい。

日 時:平成30年6月17日(日)13時30分から15時30分
場 所:八王子市心身障害者福祉センター第一会議室
参加者:4名

<学習内容>
スクラッチを始めよう
・スプライト(キャラクター)を動かす。
   動きを連続させる、端についたら反転する。
・コスチュームを変えて、歩く動作をさせる。
 コスチュームに手書きで追加する。
・背景を変える。
・背景をアレンジしてスクロールさせる。
・ダウンロードしたゲームを楽しむ。

001.jpg  002.jpg  003.jpg
さて、講義が始まりました。
プログラミングというと何やら難しそうですが、2020年小学校でのプログラミング教育が必修化されることから、関心度が急上昇しています。
今回取り上げるスクラッチはビジュアルプログラミング言語の一つで、直感的に操作できるので親しみやすい感じがします。
最初にプログラミング的考え方ということで、なぞなぞみたいなものが出されました。それが写真中央です。
頭の固い私はさっぱり見当が付きませんでした。
解答は右端の小さい写真をクリックすると判ります。
「へぇー、そうなんだ」老化した私の脳みそでは、答を見ても何やら???

004.jpg  005.jpg  006.jpg
プログラミングって、どんないいことあるの?
例えばよく判らない場所へ行くとき、ナビ機能を持ったアシストスマホというアプリを使えば、実際の道路を画面で確認しながら目的の場所へ簡単にいくことができます。
スマホの中にプログラミングされたアプリがあるからです。
プログラミング教材には「Viscuit」、「Scratch」、「Python」等々ありますが、今回は
「Scratch」を行います。
皆さんちゃんとテキストを手元に置いて、熱心に聞いています。

007.jpg  008.jpg  009.jpg
ではスクラッチの操作の説明を行いましょう。
最初のプログラミングはこの猫(スクラッチキャット;スクラッチの公式キャラクター)を行ったり来たりさせます。
スクラッチで作る作品のことをプロジェクトと言います。
新しいプロジェクトを作ってみましょう。
最初に「イベント」をクリック、「緑の旗がクリックされたとき」をドラッグして、プロジェクト制作の始まりです。

010.jpg  011.jpg  012.jpg
この後動きを付け、方向反転、コスチュームを変更して歩くようにさせる、コスチュームに手書きして追加、背景の変更、猫に「Hellow」と言わせる、等々講師の説明に受講生は難なく追随して半端ない対応、サポーターは座ってるだけなんて人も居たようです。

013.jpg  014.jpg  015.jpg
ほらサポーター、何か見てるだけって感じでしょ?
手書き追加も、背景入力も、さっさとできてしまいます。
余りの早い進み具合に、講師も戸惑い気味、チャレンジとして用意した内容に入らざるを得なくなりました。
016.jpg  017.jpg  018.jpg
その前に今回行った新しい試みをご紹介します。
何か疑問点が出た際受講生のPCにHDMIコードを繋ぎ、大型TVにその画面を映してみんなで考えてみようという試みです。
問題が受講生全体で共有化され、今後も取り入れたい手法です。
ではチャレンジ項目に入ります。
背景をスクロールさせる方法です。

019.jpg  020.jpg  021.jpg
背景画像を「ベクターに変換」し、ファイル名の拡張子を「.sprite2」に変え、このファイルをコピーして2枚用意します。
次いで背景スプライトをスクロールさせるスクリプトを作成して完成です。
さすがにここはちょっと難しかったかな?
折角ですからできた作品を保存しておきましょう。
さてチャレンジ項目も終わってしまって、次は何をやるの??

022.jpg  023.jpg  024.jpg
これはスクラッチで制御できるmBotロボットカーです。
次回の講義の中に取り上げてみたいと思っています。
まだ大分時間が余っていますので、スクラッチで作ったゲームを楽しんで戴きたいと思います。
この講義でも、もう少し簡単ではありますが皆さんにもゲーム作りをやって戴きます。
やはり皆さん若いですねぇ、早速ダウンロードしてゲーム大会が始まりました。

025.jpg  026.jpg  027.jpg
それでもまだ時間が余りましたので一応終了とし、疑問点に答えたり、ゲームを続けたりして戴きました。
mBotロボットカ―に興味を持った受講生も居ました。
スクラッチは動きがありますので、以下は映像を少しご紹介します。


今回行った種々のスクラッチ プロジェクトのご紹介です。


mBotロボットカ―のデモストレーション映像です。

受講生の感想では皆さん「面白かった。思ったより簡単だった。」だそうです。
スクラッチを取上げるのは我々サポーターも初めてのこと、講義の前に練習を行いました。
私は大昔ベーシックで実用プログラムを組んだこともあり、それなりに判っているつもりでしたが全然ダメダメ!!
講師に聞いたり、横の仲間から教えてもらったりで四苦八苦でした。
あるサポーター曰く「頭で考えてやろうとするからダメなのよ」
若い人は直感的にやれるんですね。
今回の受講生の皆さんはあっという間に我々を追い越してしまうことでしょう。
私は頭で考えないと手が出ない、そのうち考えても手が出ないということになりそうで、かなり絶望的です。

              記録 : TUNA

posted by dss at 22:25| Comment(0) | パソコン講習会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]