2018年06月28日

プログラミング講習会第2日目

前回に続き、サッカー・ワールドカップロシア大会の話題です。
セネガルに引分てグループリーグ突破の可能性が上がり、盛り上がっていますね。
西野ジャパンのチーム力が前回より良くなった感じが致します。
これと同様、今回の受講生の皆さんも第1回よりぐっと力を付けたようで、進行スピードが更にアップしました。
まずは講義の様子をご覧下さい。

日 時:平成30年6月24日(日)13時30分から15時30分
場 所:八王子市心身障害者福祉センター第一会議室
参加者:3名(1名欠席)

<学習内容>
音を鳴らしてみよう
・背景とスプライトを変更する。
・シンバルとドラムのスプライトを設置する。
・数字のスプライトを配置する。
・シンバルの音を設定する。
・シンバルのスクリプトをドラムに複製して、設定を変更する。
・数字のスプライトに音階を設定する。
・他のスクラッチ完成作品を見て、スクリプトを考察する。
追加テーマ;圧電スピーカーで「ドラムパッド」を作ろう
・ドラムパッドプログラムを作る。
・えんぴつスプライトの作成
・ペンスクリプトの編集
・しきい値の設定
・ドラムのスプライトを準備する。
・センサーからのイベントで音が出るスクリプトを作成する。

201.jpg  202.jpg  203.jpg
では、講義を始めましょう。
今日のテーマは「音を鳴らしてみよう」です。
矢印キーでシンバルとドラムを鳴らし、数字キーでメロディを奏でます。
これだけでは早く終わってしまうので、「圧電スピーカーでドラムパッドを作ろう」という追加テーマを準備しました。
圧電スピーカーを振動センサーとして用い、振動を与えて音を出します。
その前に前回の疑問点を少し考えてみましょう。

204.jpg  205.jpg  206.jpg
手書き部分から「Hello!」と表示される問題です。
手書き部分を1つのスプライトと解釈しているように思われますが、手書き部分を下の方へ書くと「Hello!」が表示されなくなります。
もっと詳しく研究しないとよく判らないところです。

207.jpg  208.jpg  209.jpg
では今日の本題に入ります。
最初に「背景ライブラリー」から好きな背景を選んでください。
テキストでは「circles」ですが、同じでなくて構いません。
受講生は皆さん「circles」でないものを選んでいます。
このあたりは個性が出ます。

210.jpg  211.jpg  212.jpg
次にシンバル、続いてドラムのスプライトを設置します。
受講生は手慣れた様子で、スイスイ進めていきます。
サポーターは今回も相変わらず「見てるだけ――!?」

213.jpg  214.jpg  215.jpg
更に数字の1〜8のスプライトを設置します。
こういう場合はシフトキーを押しながら1〜8をクリックすると一度にできます。
数字が塊りになっているので、適当な位置に配置します。

216.jpg  217.jpg  218.jpg
シンバルスプライトに音を出すスクリプトを作ります。
次にドラムですが、こういう場合はシンブルスプライトのスクリプトをドラムスプライトの上にドラッグ&ドロップしてコピーし、違っている部分だけ修正すると時間短縮になります。
更に数字スプライトに音階を設定します。
「1」 ができれば次々コピーして「8」まで簡単にできますね。
このあたり、私は「マニュアル読まない人間」ですのでテキストをちゃんと読まず、ご丁寧に1個ずつ8回も音階を設定しました。
バッカみたい!!!

219.jpg  220.jpg  221.jpg
出来上がった作品で、早速音を鳴らします。
講師の予測通り、最初の1時間で完成してしまいました。早い!!
写真中央が教室全体の風景です。
付き添いで来られている受講生のお父さん、お母さんも一緒にPCを操作して貰います。
シンバルとドラムの間に指揮者?の入った作品もありました。

222.jpg  223.jpg  224.jpg
ここで音の出る作品のご紹介です。
カエルの歌の輪唱を聞いてみましょう。
スクリプトを見てみると、最初のスプライトのスクリプトをコピーして、次のスプライトが途中から演奏し出すようになっており、これで輪唱を演出しています。
次はおなじみのスーパーマリオの音楽が流れます。
この音源を取り出すことができます。
取り出した音源を個人的に使用するのは構いませんが、外部へ発表するような場合は著作権を考える必要があるので注意して下さい。
休憩の後、追加テーマの「圧電スピーカーでドラムパッドを作ろう」に入りたいと思います。

225.jpg  226.jpg  227.jpg
最初に原理の説明です。
「圧電(ピエゾ) 効果」とか、振動センサーなど難しい単語が並びます。
これが圧電スピーカーです。
これをPCに繋いで、音を出します。

228.jpg  229.jpg  230.jpg
ではスクリプトを作成しましょう。
背景は「xy-grid」を選択します。
えんぴつスプライトを用いて、ペンスクリプトを作成します。
その前に鉛筆のコスチュームが傾いていますので、垂直に直します。

231.jpg  232.jpg  233.jpg
直線のペイントアイコンを選択して水平の線を引き、しきい値のスプライトを設定します。
この直線をマウスで動かして、自由にしきい値を変更できるようにします。
次いでドラムのスプライトを準備、センサーからのイベントで音が出るスクリプトを作成します。

    234.jpg    235.jpg
スクリプトが完成しましたか?
圧電スピーカーをPCに取り付けて、音を鳴らしてみて下さい。

今回も少し動画で講習内容をご紹介します。

これは最初の作品が完成した時の動画です。
あちこちからメロディが聴こえてきます。


受講生にはお馴染みのスーパーマリオのゲームです。
皆さん暫しゲームを楽しみました。
こんなのがスクラッチで作れるのですねぇ。
スクラッチ 恐るべし!!!


ドラムパッドのスクリプトが完成し、音を鳴らしているところです。
受講生のPCをTVに繋いだところ、音が出ません。
でもTVゲーム等で経験済みなのでしょうか?自分自身で設定等をいじって修正されました。
案外サポーターより詳しい??

受講生の感想は今回も「面白かった。簡単だった。」とのことです。
受講生のお一人は、もっと自分でいろいろやってみたいと、圧電スピーカーを持って帰られました。
西野ジャパン・セネガル戦、引分けには終わりましたが、多くのPV会場ではその素晴らしい戦い振りに拍手が起こりました。
ここ講習会場でも同様に、講義終了後拍手がありました。
講師の受講生ファーストの的確な説明に感謝を示されたのだと思います。
私は何回かの講師経験がありますが、未だ拍手を戴いたことはありません。
次回の講師担当時は私も頑張れねばと感じました。

             記録 : TUNA





posted by dss at 19:30| Comment(0) | パソコン講習会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]