2019年06月22日

NVDAレポート 27 やはりフォルダー分け

やはり、受信したメールは、フォルダー分けをした方が、メールの管理がし易いです。
ここでは、仮の名前の、「abc」と言うML(メーリングリスト)に届いたメールを、「abc」フォルダーに振り分けする方法を書きます。
「Mozilla Thunderbird」では、かなり複雑なフォルダー分けが出来るようです。

ツリービューに、フォルダーを作ります。

1.「Mozilla Thunderbird」を起動します。
2.[F6]キーを押して、「ツリービュー」を選択して、[上下カーソル]キーで一番上にある、アカウント名を選択します。
3.[Alt+F]キーを押して、「ファイル サブメニュー Alt+F 1の7」のプルダウンメニューを出します。
4.[上下カーソル]キーで、「新規作成 サブメニュー N 1の3」を選択して、[右カーソル]キーを押して、サブメニューを出します。
5.[上下カーソル]キーで、「フォルダードットドットドット F 2の3 レベル1」を選択して、[Enter]キーをおします。
6.「新しいフォルダー ダイアログ 名前(N):作成先(C):名前: エディット ブランク」とガイドがあります。
7.[Tab]キーを押して、「名前: エディット ブランク」を選択して、任意の名前を書きます。
今回は、「abc」とします。
8.[Tab]キーを押して、「作成先: コンボボックス biglobe 折りたたみ Alt+C」を選択します。
アカウントが、いくつもある場合は、[上下カーソル]キーで、フォルダーを作成する、アカウントを選択します。
9.[Tab]キーを押して、「フォルダーを作成 ボタン Alt+R」を選択して、[Enter]キーを押します。
10.これで、「biglobe」のツリービューの、「ゴミ箱」の下に、新しく作ったフォルダーの「abc」が出来ます。
ただし、アクセスキーでのフォルダーの選択は出来ないようです。

自動振り分けの設定をします。

1.[Alt+T]キーを押して、「ツール サブメニュー Alt+T 6の7」のプルダウンメニューを出します。
2.[上下カーソル]キーで、「メッセージフィルター F 1の3」を選択して、[Enter]キーを押します。
3.「自動的にこれらのフィルターが上から順に評価されます。 リスト」とガイドがあり、設定画面が開きます。
4.[Tab]キーを押して、新規ドットドットドット ボタン サブメニュー Alt+N」を選択して、[Enter]キーを押します。
5.「フィルターの設定 ダイアログ フィルター名(I):フィルターを適用するタイミング:以下の動作を実行する(P):フィルター名: エディット」とガイドがあります。
6.ここで、判り易い、「フィルター名」を入力します。
このMLの名前は、「abc」と言うことになっていますので、フィルター名も、「abc」とします。
7.フィルター名を入力したら、[Tab]キーを押して、「手動で実行する チェックボックス チェック Alt+R」を選択して、[Space]キーで、「チェックなし」にします。
8.[Tab]キーを一度押して、「新着メール受信時: チェックボックス チェック Alt+G」を選択します。
ここは、そのままの、「チェック」にします。
9.[Tab]キーを押して、「コンボボックス 迷惑メール分類前に実行 折りたたみ」を選択して、[上下カーソル]キーで、「迷惑メール分類後に実行」にします。
10.[Tab]キーを一度押して、「アーカイブ時 チェックボックス チェックなし Alt+A」を選択します。
ここは、このままにします。
11.[Tab]キーを一度押して、「メール送信後 チェックボックス チェックなし Alt+S」を選択します。
ここはこのままにします。
12.[Tab]キーを一度押して、「すべての条件に一致 ラジオボタン チェック Alt+A 1の3」を選択して、[上下カーソル]キーで、「いずれかの条件に一致 ラジオボタン チェック Alt+O 2の3」を選択します。
13.[Tab]キーを押して、「コンボボックス 件名 折りたたみ」を選択します。
ここには、多くの選択肢があります。
今回は、このまま、「件名」を選択しておきます。
14.[Tab]キーを一度押して、「コンボボックス に次を含む 折りたたみ」を選択して、[上下カーソル]キーで、「が次で始まる」を選択します。
15.[Tab]キーを一度押して、「1行 3列 エディット ブランク」を選択して、MLの件名の最初を入力します。
今回は、「[abc:」と入力します。
大抵のMLは、件名の最初に、[ml名:が着いています。
[(ダイカクカッコ)とML名の後の:(コロン)は入力してください。
16.[Tab]キーを押して、「コンボボックス メッセージを移動する 折りたたみ」を選択します。
ここはこのままにします。
17.[Tab]キーを押して、コンボボックス フォルダーを選択してくださいドットドットドット 折りたたみ」を選択します。
ここは、[Enter]キーだけでは開かず、[NVDAコマンド+Enter]キーを押して開きます。
18.「Open」とガイドがあります。
19.[Tab]キーを一度押します、「展開 biglobe」とガイドがあります。
20.もう一度、[Tab]キーを押します。
「biglobe リスト」とガイドがあります。
21.[上下カーソル]キーで、上で作った、「abc」と言うフォルダーを選択して、[Enter]キーを押します。
22.[Tab]キーを押して、「+ ボタン 新しい動作を追加します」を選択します。
今回は、追加設定をしないので、[Tab]キーを押して、次へ行きます。
23.[Tab]キーを押して行き、「OK」を選択して、[Enter]キーを押します。
24.この設定画面を閉じるのは、[Alt+F4]キーを押して閉じます。

これで、「abc」と言う名前のMLからメールが届くと、自動的に、「abcフォルダー」に振り分けされます。

個人のメールを振り分けたい場合は、その人の、メールアドレスで、振り分けをすると良いと思います。

(masana)
posted by dss at 17:22| Comment(0) | 視覚障害関係
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]