2019年07月04日

初級プログラミング講座(4日目)

日時;2019年6月30日(日)13時30分から15時30分
場所;八王子市心身障害者福祉センター第一会議室
主催;八王子市心身障害者福祉センター
講座実施担当:情報ボランティア障害者支援の会

〇受講者:4名 (お休み1名)+ 見学者1名

〇スタッフ 9名
・講師役 1名
・個別対応スタッフ 4名
・その他 4名

〇4日目の内容
・シューティングゲームを作ろう
・Scratch3.0LinkでMicro:bitと接続する 
・Scratchスタジオを利用したプロジェクト共有

【シューティングゲームを作ろう】
scratch5.jpg今回はシューティングゲームのプログラミングです。上空にこうもりが飛んでいる・・・、青空に高く飛ぶこうもりなどは見たことがないですが、それは看過して、それを"できるもん”というキャラクターが大砲ような玉で打ち落とします。
弾が10回当たるとこうもりが「参りました!」と言って終了します。

起きたトラブル4つ。
    1. テキストが間違っていた。スペースキーが押すと弾は「マウスのポインター」へいく→「できるもん」へいくに直す。動作しないので、みなさん気づいて自分で直したようです。
    2. こうもりが水平に行かず下がっていく→こうもりの設定角度を直す。
    3. 指定の項目が出てこない。「ピッチ」の効果を25づつ変えていく・・・「ピッチ」を「明るさ」に変えたいのだが→コードの項目が[音]でなく「見た目」に変更する。
    4. スペースに「得点」と書いてしまった→変数「得点」を作って代入する。
スクラッチの良いところは、ブロックを積み上げることで簡単にプログラミングができ、また、入れ替えることによってすぐに効果を確かめることが出来ることでしょう。プログラミングをしている画面を周りから見て、あれやこれやとワイワイ言えるのもその簡明さからでしょうか。動かなければ自然と考えるようになるし、なにかやってみようかという気にもなれます。


【Micro:bitにつなぐ】
Micro:bitは英国BBCが教育用に作ったマイコンボードで、中央に25個のLED、2個のボタン、入出力端子があり、プログラム言語はMakeCodeエディター、スクラッチ、JavaScriptです。今回はBlueToothでつなぎ、スクラッチでプログラミングしました。できるもんの左右の動きを2個のボタンに、「スペースキーが押されたとき」を「前に傾ける」にプログラムを変えて動きを確認しました。
scratch6.jpg


【Scratchスタジオを利用したプロジェクト共有】
最後に第1回目に省略した登録してオンラインエディタを利用する方法の説明がありました。作ったプログラムをみんなに発表したり共有するためのスペースを作るにはスクラッチのホームページからの登録が必要です。https://scratch.mit.edu/
皆さんの感想は、「頭が混乱して自宅でゆっくり整理したい」とい方もおられた一方、「面白かった、ゲームを作ってみたいという」方もいらしゃいました。ただ、面白かっただけで終らせないで継続していくにはスクラッチに登録してプロジェクトに参加することでしょうか。(ET)


posted by dss at 10:09| Comment(0) | パソコン講習会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]