2019年08月23日

パソコンステップアップ講習会(EXCEL編)開催報告(2日目)

日時:2019年8月18日(日)10時から12時
場所:心障センター 機能訓練室
受講者:7名

第2日目の学習内容
  IF関数 、  COUNTIF関数、文字データの結合、日付データ:TODAY関数
 絶対参照 、RANK関数、条件付き書式、データの入力規則:リストからの選択
  例外処理(IFERROR関数)

EXCELの講習会はやはり、ほかの講習会とは違っていると思います。皆さん、夢中になってやっていますが、気がつくと、まる2時間数字のことばかしやっています。なぜ人はこうまで数字に夢中になれるのか不思議に感じます。今回の主題は3日目の作る万年カレンダーに必要な関数の準備です。やはりEXCELは関数ですね、EXCELから関数をとったらWARDになってしまいます。

今回登場した関数は「IF」「COUNTIF」「TODAY」「RANK」「IFERROR」でした。

関数を使うには「fxマーク]をクリックしてはじまる関数挿入画面を理解しておかなければなりません。最初に「何をしたいか言いなさい」と書いてありますが、かまわず使いたい関数の最初の文字を入れて検索をかければ下の欄にリストがでます。目的の関数が見つかればダブルックリックすれば、引数挿入のウィンドウが開きます。引数の挿入に関していはダブルコーテーションやカンマはいれなくて大丈夫です。使われている言葉が少々硬く理解しにくいところがありますがこれがわからないとはじまりません。また、「fxマーク」はエラーが出た場合修正するときにも呼び出して使うことが出来ます。

もう一つの方法として「fxマーク」を使わないで、直接入力しても出来ます。場所を指定して”=(関数最初の文字)”を入れますと、関数のホップアップメニューが立ち上がり、マウスを当てると簡単な説明が表示され使用目的の確認が出来ます。関数を選んでダブルクリックすると今度は代入するヒントが表示されます。これが五月蝿いという人もいますが、コンパクトで目移りしなくて便利です。

今回は珍しい「IFERROR」関数が目を引いたようです。これを使えばERRORがなくなるわけではないのですが、次回の万年カレンダーの製作のときどんな使い方をするか楽しみです。 (ET)
posted by dss at 20:11| Comment(0) | パソコン講習会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]