2019年08月23日

パソコンステップアップ講習会(EXCEL編)開催報告(2日目)

日時:2019年8月18日(日)10時から12時
場所:心障センター 機能訓練室
受講者:7名

第2日目の学習内容
  IF関数 、  COUNTIF関数、文字データの結合、日付データ:TODAY関数
 絶対参照 、RANK関数、条件付き書式、データの入力規則:リストからの選択
  例外処理(IFERROR関数)

EXCELの講習会はやはり、ほかの講習会とは違っていると思います。皆さん、夢中になってやっていますが、気がつくと、まる2時間数字のことばかしやっています。なぜ人はこうまで数字に夢中になれるのか不思議に感じます。今回の主題は3日目の作る万年カレンダーに必要な関数の準備です。やはりEXCELは関数ですね、EXCELから関数をとったらWARDになってしまいます。

今回登場した関数は「IF」「COUNTIF」「TODAY」「RANK」「IFERROR」でした。

関数を使うには「fxマーク]をクリックしてはじまる関数挿入画面を理解しておかなければなりません。最初に「何をしたいか言いなさい」と書いてありますが、かまわず使いたい関数の最初の文字を入れて検索をかければ下の欄にリストがでます。目的の関数が見つかればダブルックリックすれば、引数挿入のウィンドウが開きます。引数の挿入に関していはダブルコーテーションやカンマはいれなくて大丈夫です。使われている言葉が少々硬く理解しにくいところがありますがこれがわからないとはじまりません。また、「fxマーク」はエラーが出た場合修正するときにも呼び出して使うことが出来ます。

もう一つの方法として「fxマーク」を使わないで、直接入力しても出来ます。場所を指定して”=(関数最初の文字)”をと入れますと、関数のホップアップメニュー立ち上げり、マウスを当てると簡単な説明が表示され使用目的の確認が出来ます。関数を選んでダブルクリックすると今度は代入するヒントが表示されます。これが五月蝿いという人もいますが、コンパクトで目移りしなくて便利です。

今回は珍しい「IFERROR」関数が目を引いたようです。これを使えばERRORがなくなるわけではないのですが、次回の万年カレンダーの製作のときどんな使い方をするか楽しみです。
posted by dss at 20:11| Comment(0) | パソコン講習会

2019年08月17日

PCステップアップ講習会(Excelコース)1日目

日時;令和元年8月11日(日)10時から12時
場所;八王子市心身障害者福祉センター 第一会議室
受講者;6名

学習内容
全体的な操作概要、セルの選択(マウス、キーボード使用)、データの種類(数値、文字、日付/時刻)
書式(セルの塗りつぶし、フォントの色、罫線)、リボンの説明、コピー&ペースト、複数セルの選択
オートフィル、元に戻す操作、シートの名前変更・追加、ファイルの保存
数値データの操作
数式(四則演算)、関数(オートSUM等)、関数・オートフィル・書式等を含む問題(各自のペースに合わせて)全体的な操作概要

ステップアップ講座第2弾EXCELが始まりました。一応初歩的なところはマスターしている人を対象にしたのですが、受講された方にはEXCELは初めていう人もいたようです。何事にも、とにかく、興味を持ったら門をたたいてみることは、大事なことかもしれません。ステップアップ講座にしたら、応募者が増えたのはありきたりのパソコン講座ではなく、1歩でも前進したことをやりたいという、無意識な意欲のあらわれかもしれません。

障害者にとってのパソコン講座は2つの方向があるようです。1つはパソコンなどのICTの活用によって、障害そのものを克服をすることです。もう一つは一般の人と同じようにパソコンの本来の目的にそって、活用方法の向上を目指して学ぶことでしょうか。

WORDならまだしも、EXCELが三度の飯よりも好きで、毎日欠かさずやっている人などはあまりいないと思います。上達すれば家計簿や予定表ぐらい出来るかもしれませんが、日常でこの技術を生かして何かするということにはあまりないと思います。昔、EXCELで釣竿の”しなり“の解析をやっているとの話を聞いたことがありますが、本来的にはすごいソフトなのだと思います。

皆さんの感想を聞きますと、かって昔仕事で使っていたころを懐かしむかのような感想もあれば「頭が混乱した」「エクセルって賢いのね」と驚嘆したような感想もありました。力量に差が有るようなので講師の人も、それなりに対策を考えるようです。この講座では一人ひとりにベテランのサポーターが付きますので、置いてきぼりになることはありません。受講生が面白いと感じてくれれば、講座の意図は多少ずれていてもそれはそれで成功として良いのではないでしょうか。(ET)
タグ:数式 Excel 関数
posted by dss at 05:06| Comment(0) | パソコン講習会

2019年07月04日

初級プログラミング講座(4日目)

日時;2019年6月30日(日)13時30分から15時30分
場所;八王子市心身障害者福祉センター第一会議室
主催;八王子市心身障害者福祉センター
講座実施担当:情報ボランティア障害者支援の会

〇受講者:4名 (お休み1名)+ 見学者1名

〇スタッフ 9名
・講師役 1名
・個別対応スタッフ 4名
・その他 4名

〇4日目の内容
・シューティングゲームを作ろう
・Scratch3.0LinkでMicro:bitと接続する 
・Scratchスタジオを利用したプロジェクト共有

【シューティングゲームを作ろう】
scratch5.jpg今回はシューティングゲームのプログラミングです。上空にこうもりが飛んでいる・・・、青空に高く飛ぶこうもりなどは見たことがないですが、それは看過して、それを"できるもん”というキャラクターが大砲ような玉で打ち落とします。
弾が10回当たるとこうもりが「参りました!」と言って終了します。

起きたトラブル4つ。
    1. テキストが間違っていた。スペースキーが押すと弾は「マウスのポインター」へいく→「できるもん」へいくに直す。動作しないので、みなさん気づいて自分で直したようです。
    2. こうもりが水平に行かず下がっていく→こうもりの設定角度を直す。
    3. 指定の項目が出てこない。「ピッチ」の効果を25づつ変えていく・・・「ピッチ」を「明るさ」に変えたいのだが→コードの項目が[音]でなく「見た目」に変更する。
    4. スペースに「得点」と書いてしまった→変数「得点」を作って代入する。
スクラッチの良いところは、ブロックを積み上げることで簡単にプログラミングができ、また、入れ替えることによってすぐに効果を確かめることが出来ることでしょう。プログラミングをしている画面を周りから見て、あれやこれやとワイワイ言えるのもその簡明さからでしょうか。動かなければ自然と考えるようになるし、なにかやってみようかという気にもなれます。


【Micro:bitにつなぐ】
Micro:bitは英国BBCが教育用に作ったマイコンボードで、中央に25個のLED、2個のボタン、入出力端子があり、プログラム言語はMakeCodeエディター、スクラッチ、JavaScriptです。今回はBlueToothでつなぎ、スクラッチでプログラミングしました。できるもんの左右の動きを2個のボタンに、「スペースキーが押されたとき」を「前に傾ける」にプログラムを変えて動きを確認しました。
scratch6.jpg


【Scratchスタジオを利用したプロジェクト共有】
最後に第1回目に省略した登録してオンラインエディタを利用する方法の説明がありました。作ったプログラムをみんなに発表したり共有するためのスペースを作るにはスクラッチのホームページからの登録が必要です。https://scratch.mit.edu/
皆さんの感想は、「頭が混乱して自宅でゆっくり整理したい」とい方もおられた一方、「面白かった、ゲームを作ってみたいという」方もいらしゃいました。ただ、面白かっただけで終らせないで継続していくにはスクラッチに登録してプロジェクトに参加することでしょうか。(ET)


posted by dss at 10:09| Comment(0) | パソコン講習会