2017年11月23日

パソコン講習会(視覚障害者)開催

41.JPG
パソコン講習会(視覚障害者)開催
  〜4回コース4日目〜
日  時:11月12日(日)10時から12時
場  所:八王子市心身障害者福祉センター
主  催:八王子市心身障害者福祉センター
講座担当:情報ボランティア障害者支援の会
受講者:6名
担当スタッフは11名
役割 ・講師 1名
   ・講師補助 1名
   ・受講者個別サポート担当 6名
   ・記録その他 3名
42.JPG
講座内容(4日目のテーマ)
 NetReaderを使ったホームページの閲覧
 使った機器、ソフト ノート型パソコン+外付け標準キーボード、
 NetReader
いよいよ最終回での課題はインターネットで、ホームページの閲覧です。この講座を受講する動機でもホームページの閲覧が一番多いのでは思われます。
ここでも重要なのは、やはりタッチタイピングの技術です。パソコンのキーボードは108個のキーがあり、1つ1つに役割があり、また複数の役割があるものもあります。今の時代、このツールがこの段階で進歩が止まるとは思いませんが、108個とは如何せん多すぎる感じがします。正眼者はマウスで平面上の位置関係を利用して使うキーを省いていますが、障害者用のマウスがあってもよいような気がします。マウスパッドと画面が対応すればイメージしやすくポインターが指せば「しゃべる画面」など作るのは可能だと思います。108キーのうち文字入力の26文字以外どんなキーが使われているかと、第一日目は機能キーの5つと、[Space]と上下左右の矢印で10種類です。2日目は[Back Space]と[Delete]の2つが加わります。3日目は追加はなく、4日目は[Shift][Esc][Ctrl][Home][End]と[H]の特殊な使い方、また、両方を同時に押す使い方が必要になります。これをみてもホームページの閲覧が大変なことが分かります。

おぼつかない手つきでしたが、、サポータの助けを借りて、全員何とか「NHKラジオ」や「広報はちおうじ」のホームページにたどり着きました。音声で聞くにはさらに検索をすすめなくてはなりません。それでも終了後の感想で、「難しい」「わからない」といことと共に学習会にきて続けて勉強したいという人が多かったことは、今回の講座は成功だったということでしょう。
                      (ET)

posted by dss at 22:18| Comment(0) | パソコン講習会

2017年11月16日

パソコン講習会(視覚障害者)開催

31.JPG
パソコン講習会(視覚障害者)開催
  〜4回コース3日目〜
日  時:11月12日(日)10時から12時
場  所:八王子市心身障害者福祉センター
主  催:八王子市心身障害者福祉センター
講座担当:情報ボランティア障害者支援の会
受講者:6名
担当スタッフは11名
役割 ・講師 1名
    ・講師補助 1名
    ・受講者個別サポート担当 6名
    ・記録その他(見学参加も含め) 3名
32.JPG
講座内容(3日目のテーマ)
 1.MMMail2の起動と画面の説明。
 2.メニュバーによるアプリケーションソフトの操作。
 3.MMMail2を使ったメールの送受信。 
使った機器、ソフト : ノート型パソコン+外付け標準キーボード、MMMail2

今回のメインテーマはメールソフトの使い方です。
1週空いてしまったので2週間ぶりの講習会で、皆さんが忘れてないかとまずホームポジションの取り方から復習でした。
次はインターネットの説明がありました。
メールソフトは音声対応のMMMail2というシェアウエアのソフトを使いました。
まずはMMMail2の構造の説明で、操作するにはAITキー、Tabキーの位置を正確に覚えてなくてはなりません。
初メールは、サンプルの受信メールに対して、何も書かないで返信することからから始めました。
終了後の感想はやはり、「タッチタイピング」がうまく出来てないというのが多かったです。
しかし、それなりに経験やキーボードだけの練習によってもうまくなっている人もいるようです。
ちなみに、私もアイマスクをして挑戦してみましたけど、なかなかうまく出来ません。まず、パソコンの電源を入れるのにこんなにも難しいとは思わなかった。打ち間違いの訂正が想像以上困難で早さよりは間違えないように正確にすることの方が大切といいうことでしょうか。

今回は講師から適切なコメントがありましたので、それをそのまま載せさせてもらいます。
「今日メールソフトの講習をやっていただいたけれど、覚えるとか、使えるとかのレベルではないので体験していただという感じです。講習会が終わった後、土曜日か日曜日に、こちらで学習会をやっています。そちらのは方はお金もかかりませんので、「今週の学習会は何時やりますか?」と問い合わせて、特に行くとか行かないとか言わなくてよいので、手ぶらで行って会のパソコンを使って練習も出来ますし、特別にこれがやりたいというものがあればそれをすることも出来ます。」
「講師の私が言うもの何なのですけど、難しいとか出来ないとかいろいろ言っていただいて、反省することしきりなんですが、高々と言ってはいけないんですけど、2時間とか4時間とかメールをやって、全く触ったことがない方がタッチタイピングでホイホイと文字が打てるといことはまずないと思います。メールにしても何となく間違いながら今日は何とか出来た、といのが精一杯だと思います。そんなに簡単にソフトの使い方が出来て仕舞ったら、それはそれでうれしいようなところでありますけど、それよりも何とかこれからも練習していきたいという気持ちになっていただければ幸いです。」

来週はいよいよ、インターネットですね!!尚、ネット環境のことやパソコンの購入は講習会がすべて終わってから相談しても遅くはないというアドバイスがありました。
                              (ET)



posted by dss at 09:48| Comment(0) | パソコン講習会

2017年11月02日

パソコン講習会(視覚障害者)開催

21.JPG
パソコン講習会(視覚障害者)開催
  〜4回コースの2日目〜
日  時:10月29日(日)10時から12時
場  所:八王子市心身障害者福祉センター
主  催:八王子市心身障害者福祉センター
講座担当:情報ボランティア障害者支援の会
受講者:6名
担当スタッフは13名
役割 ・講師 1名
  ・講師補助 1名
  ・受講者個別サポート担当 6名
  ・記録その他(見学参加も含め) 5名
22.jpg
講座内容( 2日目のテーマ)
 1.アプリケーションソフトの起動と終了。
 2.タッチタイピングによる文字入力の練習の続き。
 3.漢字変換などの文章作成の基礎。 
使った機器、ソフト
  ノート型パソコン+外付け標準キーボード、PC−Talker10の「キーボードガイド」「MyEdit」
今週も先週と同じように台風にみまわれ、2週連続でこんなこともあるのかと思うような天気です。障害者にとっては通ってくるだけでも大変なことでしょう。
第2日目の主要課題は前回に引き続き、「タッチタイピング」です。
私事ですが、みなみ野循環器病院に行ったとき、診察室に入ると、看護士さんがすさまじい勢いでタイピングをしているのを思わず、見入ってしまいました。一息ついたところで、「どうしてそんなにうまいのですか?」聞いたところ、高校時代に将来役に立つからと、授業で徹底的に叩き込まれたそうです。若くて、練習量も多ければ、うまくなるはずです。
しかし、ここに来られる方は、どちらかというとパソコンが環境にない人が多く、それにも拘らず、これから勉強をしようとする人たちです。出来る出来ないはともかく、その志に敬意を表します。まずは何といっても練習量が足らないので、ほかの趣味はひとまず差し置いて、3ヶ月ぐらいパソコンに没頭する必要があります。キーボードは身障センターではもはや不要のPS/2のキーボードを貸してもらったり、XPで使えなくなったパソコンは世の中にごまんとあるはずなので、そういうのをタダで譲り受けて練習する道具を確保したらよいと思います。
タップタイピングは自分もいろいろと努力しましたが、一番続いたものは、キーボード練習になっているゲームソフトですが障害者用のもあると聞いています。

今回の感想はやっと打てるようになったので引続き努力したいとのようなことが多かったのですが、経験により、ばらつきも出てきたのはやむを得ないように思います。小指と薬指は完全に独立していないので片方を動かすと一緒に動いてミスタッチの原因になっているようです。
私の観察するところでは初心者はなぞるように探してしまうのでミスタッチが多く、うまい人は完全に位置を把握して指を上から打ち下ろしている感じがします。世の中には目に障害があっても、ピアノコンクールで優勝する人もいます。押せば音が出るのは両方とも同じ!!なので可能性を信じてあきらめず頑張ってほしいと思います。
                      (ET)
posted by dss at 20:17| Comment(0) | パソコン講習会