2018年11月17日

パソコン講習会視覚コース 3日目

日時;平成30年11月11日(日)13時30分から15時30分

場所;八王子市心身障害者福祉センター 訓練室

受講者 ; 6名

学習内容

   1.MmMail2の起動と画面の説明

  2.メニューバーによるアプリケーションソフトの操作

  3.MmMail2を使ったメールの送受信。

講習会視覚コースも3日目になりいよいよタッチタイピングの応用編ですが、おそらく2週間も開いてしまって忘れてしまった方も多いのではないでしょうか。講習の場所が会議室から訓練室に変わり、少々まごついた方もいらっしゃいましたが、全員遅刻もなく出席されました。今回はメールソフト使い方です。はじめに出席者全員の自己紹介で声を出して挨拶とメールの経験有り無しの申告をしました。ほとんど人は何らかの形でメールの経験ありましたが、今回のメールソフトMmMailはやはり経験はありません。初めてのソフトなるので講師からの概要の説明と各受講生のパソコンにテストメールを送られました。次に受講生から講師に空メールを送り返します。「次は隣の人にメールを送ってください」と言う具合に、ほとんどの時間をメールのやり取りに費やしました。人によっては余裕の人もいれば、講師の言っていることが良く理解できない人もいました。多少視力のある人もキーボードを見ないで打つことにより実戦的なトレーニングをする人もいてさまざまなことが試されました。

結局のところ最後の感想は程度の差はあるものの「難しい」とのことに尽きるようです。これを整理すると当然ながらキーについての問題が多いです。とくにファンクションキーなどの特殊機能ついてのキーボードが苦手のようです。しかし考え直せばキーについてマスターすれば困難さは大部分克服できるということでしょうか。K講師の言われるように1日3つ、4つと確実に覚えて行けば、一ヶ月でマスターできることでしょう。また、インターネットでタッチタイピングを検索すればいろいろな情報が得られます。

現在使われているキーボードはほとんどがQwerty配列のキーボーですが、この配列はタイプライターの構造上のもので、世界中に広まっていますが今まで慣例で使ってきたこと以外全く根拠ないものです。自分に向いた別のキーボードを探してみるのも一案かもしれません。キーボードの配列を独自に定義したMy Keyboardも不可能ではありません。

最後に講師からいろいろアドバイスがありました。何を言ってもよい家族などにメールの相手になってもらうなど方法、月3回日曜日に行われる無料の学習会。講習終了後入れるメーリングリストが紹介されました。K講師からはホームポジションをとるには親指をスペースキーのせることが肝心とのアドバイスがありました。 (ET)
posted by dss at 06:22| Comment(0) | パソコン講習会

2018年10月24日

パソコン講習会視覚コース 1日目

日時;平成30年10月21日(日)13時30分から15時30分
場所;八王子市心身障害者福祉センター 第一会議室
受講者 ; 6名

学習内容
    1.パソコンの起動と終了
  2.ホームポジションについて
  3.タッチタイピングによる文字入力の練習方法。

 秋も深まり、恒例のパソコン講座視覚コースが始まりました。今回もいろいろな事情がある方6人が講座を受講されました。さすがに時代の流れかパソコンはいずれの方も持ってないにしろ使える環境にはあるようでした。目に障害があると言ってもさまざまで、白杖を持っているからといって、必ずしも全盲ではないし、目が見えるからといって、障害者ではないということではないとは前回のボランティア講習会で学んだことでした。学習内容がいまいち受講生に伝わってないように思えるのは今回だけではないような気がします。講座の内容はシラバスとしてホームページで見られるようにするのも、受講生の募集に役立つかもしれません。我々の周りではPC-Talkerが当たり前ですが、世間ではまだ普通ではないのでしょうか。また、無料のNVDAへの関心も高かったです。

 今回の講座の主目的はタッチタイピングです。タッチタイピングと比べられるのはピアノを弾くことと較べられます。鍵盤を見ずに譜面を見ながら演奏するのはまさにタッチタイピングに似ていますが、根本的に違うのはタッチタイピングは指のおく位置が決まっていること、つまり、ホームポジションがあるということです。

 このホームポジションについては「打ったら必ず戻さなくてはいけないのか」という素朴な疑問がわいてきます。ネットで調べると、次に打つべきものが近くにあれば、ついでに打つのはそれはそれで進化ですが、はじめは戻すべきだという回答でした。中には「そういう質問は何を言っているのか意味が分かりません」と“サンドイッチマン”のボケのような回答もありました。それは、どこかの指が必ずホームポジションにあるので、戻すも戻さないもないと言うことでした。ホームポジションとはだけではなく、左手で言えば全部がホームポジションで、ざっくばらんに言えば人差し指を使っているときは小指が、小指を使っているときは人差し指がホームポジションにおくべきだそうです。
これを知らなかったのは私だけかも。

 初日の今回は、パソコンの起動終了の会得と、K講師の2時間で五十音をマスターするとの気合の入った指導の元、経験により差は出ましたがみなさん五十音を打てたようです。

                    (ET


posted by dss at 05:11| Comment(0) | パソコン講習会

2018年09月14日

PCステップアップ講習会(Excelコース)4日目

日時;平成30年9月9日(日)13時30分から15時30分
場所;八王子市心身障害者福祉センター 訓練室
受講者 ; 6名
学習内容
 前回の復習
 小遣い帳の作成
  (前準備)日付データを書式設定により、曜日で表示する方法の説明。
  新規ファイルを開き、1行目の項目(日付、曜日、支出品目、支出明細、
  支出金額、収入明細、収入金額)を入力。
  2行目データを入力しながら書式設定、入力規則。
  テーブル作成、残高の自動計算、SUMIFによる計算、円グラフ作成。

      41.JPG      42.JPG
 EXCEL講習会4日目です。使う部屋が訓練室に変わってしまい、スペースが半分になってしまいました。受講生とサポータでいっぱいになってしまい、ほかの人の机は用意できませんでした。狭いのは不便ですが、その分説明用のテレビが近くになり細かい式も見えるので、今まで不自由していた方は喜んでいました。
 今回の主題は「小遣い帳の作成」です。項目の設定からはじめます。

43.JPG  44.JPG  45.JPG
      (1)           (2)           (3)
 (1)は日付の設定・・・書式設定 日付 3月14日
 (2)は曜日設定・・・書式設定、ユーザー定義 aaa
 (3)は支出項目・・・入力規則、リストで設定

46.JPG  47.jpg  48.JPG
      (4)           (5)           (6)
 (4)支出明細で、入力規則で日本語入力を”オン“
 (5)1行目項目と2行目のデータを入れてから、「テーブルとして書式設定」
 (6)は残高計算=K2-SUM(テーブル1[支出金額])+SUM(テーブル1[収入金額])K2-SUM 

49.JPG  410.JPG  411.JPG
      (7)           (8)           (9)
 (7)は項目別集計SUMIFを使う
 (8)グラフ・・・好きなグラフを選ぶ
 (9)残高欄に「条件付書式を設定」で、1000円以下になるとセルが黄色になるようにする
 最後に「テーブル」においては絶対参照は必要ないと講師の言葉に、何々参照の理解に躍起になっていた生徒さんにはとってはどんでん返しの結論だったかもしれません。それだけ「テーブル」は魅力あるツールと感じたことでしょう、反省会ではそもそも論として、数式の挿入は「関数の挿入」ボタンからダイアログボックスを使ったほうが慣れている人が多いのではという意見がありました。今回はEXCELのみ、4回で少し程度をあげて、ついてきてくれるかが心配でしたが無事終了しました。早くも講師からは次回はもっとうまくやりたいとの決意が聞かれました。

                (記録;ET)
posted by dss at 12:08| Comment(0) | パソコン講習会