2018年09月21日

体験型ICTセミナーinクリエイトホール

日時;平成30年9月15日(土)10時から12時
場所;クリエイトホール 10F 第2学習室
受講者 ; 6名
講座内容
 iPhoneで読み上げ
 iPhoneで音声入力
 Line で音声→テキスト
 ボランティア講習会の紹介

      1.JPG      2.JPG
 9月15日クリエイトホールにて体験型ICTセミナーiPhone iPadの新技術を体験しようという企画がDSSの主導のもとで行われました。内容は盛りだくさんですべてをお伝えすることは出来ないので一部を紹介します。全体は4部に分かれ、前半の講師をYTさん、後半はYOさんが務められました。その後YTさんでDSSの紹介、最後にDSSのサポーターと受講者で自由に話し合ってもらいました。

 前半のお話
 「iPad iPhone」と私たちの関係を考えるとともに、身障者の生活にとって「iPad iPhone」はどんな役割かを考えることから始めました。「公正さ」を理解するという考えを中心に据え、「何に困っているのか?」「何を求めているのか?」「何があれば良いのか?」という視点に立ち「同じスタートラインに立つ」ために「平等」でなく「公平」でなくてはいけないという考えに至りました。そのためには、ICT支援機器を活用することが必要であり私たちDSSはそのお手伝いをしています。
 障害者がどのようにして情報を得ているかというと、マスコミや身近な人から得ているのが大きいです。電子機器から情報を得ている人はまだ少数派です。また、何らかの障害で読書に不自由している人は1000万人もいます。
 障害を乗り越えるために支援ツールが多数紹介されましたが、4つの要となるスライドを挙げておきます。

      3.jpg      4.jpg
           その1               その2
      5.jpg      6.jpg
           その3               その4
支援技術その1 スマホで画面の項目を読み上げさせる。
支援技術その2 スマホやタブレットで電子書籍を読み上げさせる。
支援技術その3 各国言語を翻訳して音声で読み上げる
支援技術その4 Google ドキュメントを使いiPhoneで音声入力する


後半のお話
● 聴覚障害者とは聴覚に障害があり聞こえが不自由なこと障害の程度は医学的な
  聴力測定による。
 ◆ 聴覚レベル70dB以上で身体障害者手帳が交付、手帳候補者は全国で約36万人。
 ◆ 聴覚レベル70dB未満の軽・中等度の難聴者や高齢者は約800万人(総人口の5%)。
 ◆ ろう者:音声言語を習得する前に視聴した人。
   手話(自然語に近い日本手話)を母国とする方が多い。
 ◆ 中途視聴者:音声言語を習得後に視聴した方。
   ほとんどの方は話すことができる。
   日本語に対応した手話を習得した方もある。
 ◆ 難聴者:聞こえにくいけれどまだ聴力が残っている方。
 ◆ 中途失聴・難聴者; 中途失聴者の大部分が難聴者のため連結して呼ばれることもある。
 ◆ 高齢難聴者:老人性難聴とも言う。聴力が100dB以上でも通常は「ろう者」とは言わない。
 ◆ どんなことにお困りですか?
   1.鉄道の車内のアナウンス
   2.エレベーターの非常通報ボタン
   3.110番 119番の緊急ダイヤル
   4.災害時の避難所や町内アナウンス
   5.マスクで口の形が見えない
   6.クレジットカードの紛失の連絡
   7.職場での会議など大人数の会議
   8.話せる=聞こえる勘違い
   9.病院の待合室での呼び出し
   10.ドライブスルーでの注文
ここでも支援のツール、使い方が多数紹介されましたが、LINEの応用例をスライドで紹介します。

      7.jpg      8.jpg

●話言葉でのコミニュケーションが苦手な方々
 ・自閉症発達障害
 ・高次脳機能障害に伴う失語症
 ・筋肉の萎縮をきたす疾患(ALSなど)
 ・認知症など
 ◆ 携帯情報端末以前のAAC(補助代替えコミニュケーション)
 ・絵カード:カード作成が難しい、必要な時に取り出せない
 ・VOAC機器:事前準備に手間がかかる、会話補助が必要な時に持ち出せない

「iPad iPhone」を利用した場合の改善されたAACの事例をスライドから2枚紹介します。
      9.jpg      10.jpg
(このブログの内容はすべてYT氏、YO氏のセミナー用スライドから転用しました)

                  (記録:ET)



posted by dss at 11:26| Comment(0) | ボランティア活動

2015年08月14日

パソコンボランティア体験会

「情報ボランティア障害者支援の会」では八王子を主たる活動エリアにしています。

パソコンボランティアに関心をもっていただき、ぜひ活動に関わっていただこうとこうした企画を考えました。まずはこうした体験会にお気軽に参加してください。お待ちしております。

「パソコンボランティア体験会」
日程:8月30日(日)10時から15時半 
場所:八王子市心身障害者福祉センター
詳しくは、ホームページをご覧下さい。
http://ivdss.org/

多くの方々にこうした活動に関わっていただけるとうれしいですね。

*******駄作メモ*******

関わってこその楽しみを
 今日も 明日も あさっても

固定キー機能
 思わず出てくるポップアップ
  でもこれで同時押しなしでつかえるね

タブレット
 今日も出番だパソコン学習会
  筆自慢のAさんの
   指先軽し 作品群楽し

使い道 いろいろあるね タブレット
 今日も笑顔で楽しいね

ほらできた
 if関数もcountifも

検索語 何を入れようと考える暇に
 もう手指は動いている
  何と入れた?

晴れたら良いな
 明日の天気は?
  ネットに聞いて

日々新た 
 エイトもテンに
  この夏のこと

明日はどこへお出かけ
 GoogleMapの また出番

**************

8月30日は、八王子市心身障害者福祉センターへ
お越し下さい。お待ちしております。
  (投稿;のむさん)
posted by dss at 21:06| Comment(0) | ボランティア活動

2015年07月27日

パソコンボランティア体験会・参加者募集

情報ボランティア障害者支援の会ではパソコンボランティアに関心を持たれた方を対象に体験会を開催します。
日頃活動している内容を紹介し、定期的に行っている「学習会」に参加して体験して頂きます。

募集リーフレット日時:2015年8月30日(日)
   10:00〜12:00
   13:30〜15:30(学習会に参加)

場所:八王子市心身障害者福祉センター
〒193-0931 八王子市台町2-7-22

主催:情報ボランティア障害者支援の会

後援:八王子市心身障害者福祉センター

参加費:無料

問い合わせ・申込み:dss_info@iv.jpn.org

大勢の方の参加をお待ちしております。




posted by dss at 22:00| Comment(0) | ボランティア活動