2019年07月29日

NVDAレポート 30 「Firefox」を使って見る

「Mozilla Firefox」のホームの変更などの基本的な設定を書きたいと思ったのですが、簡単にできると書かれているのですが、どうもうまく行きません。
そこでこの記述は一時見合わせて、実際に、「Mozilla Firefox」を使って、「情報ボランティア障害者支援の会」のHPを見てみることにします。

※講習会のパソコンもWindows10の1903になりますので、このSurface GoもWindows10のバージョンを1903にアップデートしました。

「Mozilla Firefox」は初期値で、「Google」の検索エンジンが選択されています。

NVDAのホームページを閲覧する2つのモードについて。
NVDAには、「ブラウズモード」と「フォーカスモード」の2つがあります。
「ブラウズモード」は通常にホームページを閲覧するモードです。
「見出し行にジャンプする、[H]キーや、リンクにジャンプする[K]キーなどが使えます。
「フォーカスモード」は文字入力をする、「エディットボックス」などでカーソルを出して、文字入力をするモードです。
この2つのモードの切り替えは、効果音で区別します。
「フォーカスモード」は「ガチャ」という効果音で、「ブラウズモード」は「ポーン」という効果音です。
テキストボックスなどが選択されますと、自動的に、「フォーカスモード」になり「ガチャ」と効果音がすることもあるようです。
この状態になると、[上下カーソル]キーでは抜け出せません。
手動で、「フォーカスモード」と「ブラウズモード」を切り替えるのは、[NVDAコマンド(無変換)+Space]キーを押します。
押すたびに、「ガチャ」「ポーン」「ガチャ」「ポーン」と効果音がして、「フォーカスモード」と「ブラウザーモード」の切り替えが出来ます。
「フォーカスモード」から抜け出せないときは、「ブラウズモード」に切り替えれば、[上下カーソル]キーで抜け出せます。

「ブラウズモード」では、NetReaderやインターネットエクスプローラーで便利に使えた、「一文字ナビゲーション」が使えます。
以下に、主なものを書いておきます。
・[H]キー:見出し行。
・[K]キー:リンク。
・[E]キー:エディットフィールド。
・[F]キー:フォームフィールド。
・[T]キー:テーブル。
・[B]キー:ボタン。

「情報ボランティア障害者支援の会」のHPを閲覧します。

1.「Mozilla Firefox」を起動します。
今回は2つの方法を書いておきます。
(1)[Windows+D]キーを押してデスクトップにフォーカスを移します。
[F]キーを押しますと、Firefoxが選択出来ますので、[Enter]キーを押します。
(2)[Windows]キーを押します。
「スタート ウインドウ Cortana ウインドウ 検索ボックス エディットブランク」とガイドがあります。
[Fi]と入力します、
Firefoxの綴りの最初の数文字です。
「Firefox, アプリ, 右を押してプレビューを切り替える 1の5」とガイドがありますので、[Enter]キーを押します。
「Mozilla Firefox」が起動します。
注意しなければならないのは、[Fi」で始まるアプリが複数ある場合は、全部表示されますので、選択には気を付けてください。
2.「ナビゲーションツールバー ツールバー コンボボックス 折りたたみ Google で検索、または URL を入力します エディット オートコンプリート ブランク」とガイドがあります。
3.[半角全角]キーを押して、「文字変換」にします。
4.「パソボラ八王子」と入力して、[Enter]キーを一度押して文字を確定します。
5.もう一度、[Enter]キーを押します。
Googleでの検索結果が出ます。
6.見出し検索の、[H]キーを押して行き、「検索結果見出し レベル1」を選択します。
7.[K]キーを押して、「クリック可能情報ボランティア障害者支援の会:障害のある方へのサポート」を選択します。
8.ここで[Enter]キーを押して、リンクを開いても良いのですが、今回は、新しいタブで開く事にします。
[Application]キーを押して、[上下カーソル]キーで、「リンクを新しいタブで開く T 1の3」を選択して、[Enter]キーをおします。
9.「パソボラ八王子 - Google 検索 ドキュメント」 「情報ボランティア障害者支援の会:障害のある方へのサポート」とガイドがあり、「情報ボランティア障害者支援の会:障害のある方へのサポート」のHPが開きます。
10.このままでは画面が移動しません。
新しいタブに移動するには、[Ctrl+Tab]キーを押します。
11.現在このSurface Goはデスクトップモードで動作していますので、全文読みのショートカットキーは、[NVDAコマンド(無変換)+A]キーを押します。
タブレットモードで動作している時は、[F5]キーで全文読みをします。
12.全文読みを止めるのは、[Esc]キーを押します。
一行読みは[上下カーソル]キーで出来ます。
13.新しいリンクを開きたい場合は、[K]キーを押して、リンクを選択します。
例えば、「お役立ち情報」を選択して、[Application]キーを押して、[上下カーソル]キーで、「リンクを新しいタブで開く T 1の3」を選択して、[Enter]キーを押して開きます。
このようにして、新しいタブを追加して開いた方が、判り易い気がします。
14.タブを切り替えるのは、[Ctrl+Tab]キーを押します。
15.いらなくなったタブを終了するのは、そのタブを表示しておいて、[Alt]キーを押して、「ファイル サブメニュー Alt+F 1の7」を選択して、[下カーソル]キーで、「タブを閉じる Ctrl+W C 5の6」を選択して、[Enter]キーを押します。
16.「Mozilla Firefox」を終了するのは、[Alt+F4]キーが便利です。
複数のタブが開いている場合は、「タブを閉じて終了しますか? ダイアログ 複数 (4)のタブを閉じようとしています。すべてのタブを閉じてよろしいですか?タブを閉じる ボタン」の警告が出ますが、そのまま、[Enter]キーを押します。

この「タブ」をいくつも開いて行く方法は、今まではあまり使っていなかったのですが、HPのリンクがかなり明快に分かり、少し面倒でもありますが、判り易い方法だと思います。

次回は、アマゾンでの買い物の方法を書きます。
(masana)
posted by dss at 15:13| Comment(0) | 視覚障害関係

2019年07月02日

NVDAレポート 29 「Firefox」のインストール

やっとブラウザーの使い方に入ります。
インターネットエクスプローラーを基準にした、高知システムの「NetReader2」が、色々と使いにくくなって来ていますので、この辺で視覚障害者もブラウザーを変更する必要があるのではないかと思っています。
現在では、グーグルの「Chrome」や「Microsoft Edge」、「Mozilla Firefox」などのブラウザーがあります。
しかし、PC-Talker10はこれらのブラウザーをうまく読みません。
いま、開発中の、新しい「PC-Talker10」がリリースされるまでは、NVDAを使って、操作する必要があるようです。
とりあえず、NVDAが推奨している、「Mozilla Firefox」をインストールして、使ってみることにします。

「Mozilla Firefox」は以下の所からダウンロードします。

Windows 64-bit
https://download.mozilla.org/?product=firefox-stub&os=win64&lang=ja

MmMail2で受信した方は、上のURLを選択して、[Ctrl+F2]キーを押します。
Thunderbirdで受信した方は、[F6]キーを押して、「メッセージペイン」の中で、上のURLがリンクになっていますので、[Enter]キーを押します。
現在は「既定のアプリ」のブラウザーが「インターネットエクスプローラー」になっていますので、インターネットエクスプローラーで、「Mozilla Firefox」のダウンロードが開きます。
[Tab]キーで「保存」を選択すると、「ダウンロード」フォルダーに、「Firefox Installer.exe」がダウンロードされて保存されています。

「Mozilla Firefox」をインストールします。

1.Surface Goを起動します。
2.[Windows+E]キーを押して、エクスプローラーを開きます。
3.[上下カーソル]キーで、「ダウンロード チェック 2の9」を選択します。
4.[上下カーソル]キーで、ダウンロードした、「Firefox Installer.exe チェック 5の8」を選択して、[Enter]キーをおします。
5.「ユーザー アカウント制御のメッセージ ユーザー アカウント制御 このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか? Firefox Installer 確認済みの発行元: Mozilla Corporation ファイルの入手先: このコンピューター上のハード ドライブ 詳細を表示 ALT, Yは はい エンターは いいえ」とUACの警告が出ますので、[Alt+Y]キーを押します。
6.「Firefox インストーラー ダイアログ インストールしています…」とガイドがあり、NVDAの効果音が、低い音から高い音に変化して行き、インストールが進行中であることが分かります。
この効果音が終わると、インストールが完了して、「ダウンロード」のリストビューの画面に戻ります。
このように、Firefoxのインストールは簡単です。

「Mozilla Firefox」を起動します。

1.デスクトップに、「Firefox」のアイコンが出来ていると思いますので、[Windows+D]キーを押して、デスクトップにフォーカスを移動します。
2.「Firefox」の、[F]キーを押して、「Firefox」を選択して、[Enter]キーを押します。
3.「既定のブラウザー ダイアログ Firefox は現在既定のブラウザーに設定されていません。既定のブラウザーに設定しますか?Firefox を既定のブラウザーに設定する ボタン」
[Enter]キーを押して、既定のブラウザーに設定します。
設定しない場合は、[Tab]キーを押して、「後で行なう」を選択して、[Enter]キーを押します。
4.Windows10の、「設定」の「既定のブラウザー」の画面が開きます。
現在は、「Internet Explorer」が設定してありますので、そのように、ガイドがあります。
5.[Enter]キーを押しますと、現在使えるブラウザーのリストが出てきます。
「アプリを選ぶ ウインドウ」とガイドがあります。
6.[Tab]キーを押して行き、「Firefox ボタン」を選択して、[Enter]キーを押します。
これで、「Firefox」が既定のブラウザーになりました。
メールなどに書かれているURLのリンクを選択して、[Enter]キーを押しますと、「Mozilla Firefox」が起動するようになります。

次回は「Mozilla Firefox」の基本的な設定を書きます。

(masana)
posted by dss at 17:01| Comment(0) | 視覚障害関係

2019年06月26日

NVDAレポート 28 GmailをIMAPで設定する

GmailをIMAP設定で、アカウントの追加をします。

「Mozilla Thunderbird」は前回で一応おしまいにして、ブラウザー「Firefox」の方に移ろうかとも思ったのですが、最近「Gmail」を使っている方も多いようですので、POP3ではなくて、IMAPでのアカウントの設定を書いておきます。
すごく簡単に出来ます。
ただし、Gmailのアカウントは、グーグルにログインして、取得しておいて下さい。
そして、Gmailの設定で、「IMAP アクセス] の [IMAP を有効にする」にチェックを入れて置いて下さい。

1.「Mozilla Thunderbird」を起動します。
2.[Alt+T]キーを押して、「ツール サブメニュー Alt+T 7の8」のプルダウンメニューを出します。
「アドレス帳 Ctrl+Shift+B B 1の1」とガイドがあります。
3.[上下カーソル]キーを押して、「アカウント設定 S 1の2」を選択して、[Enter]キーを押します。
[上カーソル]キーを押した方が速く選択が出来ます。
4.「アカウント設定 ダイアログ」が開きます。
5.[Tab]キーを一度押します。
「アカウント操作 ボタン サブメニュー Alt+A」とガイドがあります。
6.[NVDAコマンド+Enter]キーを押します。
ただの、[Enter]キーでは開きません。
7.[上下カーソル]キーで、「メールアカウントを追加ドットドットドット A 1の4」を選択して、[Enter]キーを押します。
8.[Tab]キーを押して「メールアドレス: エディット ブランク」を選択して、自分の、Gmailの、メールアドレスを入力します。
9.[Tab]キーを一度押して、「パスワード: エディット 保護付き」を選択して、Gmailのパスワードを入力します。
NVDAは、PC-Talkerみたいに、パスワードの入力文字は読みません。
間違わずに、キーボードから入力してください。
10.[Tab]キーを一度押して、「パスワードを記憶する チェックボックス チェック Alt+M」をそのまま、「チェック」にします。
11.[Tab]キーを押して行き、「続ける ボタン Alt+C」を選択して、[Enter]キーを押します。
12.[Tab]キーを押して、「IMAP (リモートフォルダー) ラジオボタン チェック 1の2」を選択します。
13.[Tab]キーを押して、「完了 ボタン Alt+D」を選択して、[Enter]キーを押します。
14.「Mozilla Thunderbird」を一度終了した方が良いかも知れません。
15.再度起動しますと、Webから、Gmailの全てのメール」に保存されている、メールを自動的に読み込みます。
私は、「全てのメール」に多くのメールがありますので、NVDAの効果音が、低い音から高い音に変わって行き、読み込みが終了します。
そして、ツリービューに「全てのメール」フォルダーが自動的に作られます。

これで、私なりに、「Mozilla Thunderbird」が使えるようになりました。

※「Mozilla Thunderbird」を起動すると、必ず出てくる、「寄付」のメッセージは、画面に出ているのかどうか分からないのですが、うるさいですね。
これを出さないようにする方法はあるのかな。
寄付をしても出てくるみたいですね。

こうしてみると、同じNVDAで使っても、ひいき目無しで「MmMail2」の方が視覚障害者には断然使い易いですね。

(masana)
posted by dss at 16:31| Comment(0) | 視覚障害関係