2019年02月15日

シャープヘルシオAX-AW500レポート 10 加熱早見表04

【カレー、シチュー、汁物、どんぶり】

●味噌汁。
加熱前の状態:常温、冷蔵。
仕上がり等:なし。
・自動加熱
加熱方法:温めスタート。
分量:1から2杯 1杯150ml
・手動加熱
加熱方法:レンジ600W。
分量:1杯150ml。
目安時間:約1分20秒。
付属品:棚の位置なし。
ラップの有無、または水位:なし。
ワンポイントアドバイス等:加熱前、加熱後にかき混ぜる。

●カレー、シチュー(1)。
加熱前の状態:常温、冷蔵。
仕上がり等:なし。
・自動加熱
加熱方法:温めスタート、強め。
分量:200から400g。
・手動加熱
加熱方法:レンジ600W。
分量:一人分200g。
目安時間:約1分50秒。
付属品:棚の位置なし。
ラップの有無、または水位:ラップあり。
ワンポイントアドバイス等:加熱前、加熱後にかき混ぜる。

●カレー、シチュー(2)
加熱前の状態:冷凍。
仕上がり等:なし。
・自動加熱
加熱方法:温めスタート 強め。
分量:200から400g。
・手動加熱
加熱方法:レンジ600W。
分量:一人分200g。
目安時間:約4分50秒。
付属品:棚の位置なし。
ラップの有無、または水位:ラップあり。
ワンポイントアドバイス等:そこの平らな浅い容器に入れる。
加熱後かき混ぜる。

●レトルトカレー。
加熱前の状態:常温。
仕上がり等:パックのまま。
・自動加熱
加熱方法:温め選択→ヘルシオ温め→缶詰、レトルト。
分量:1から2袋(1袋200g)
・手動加熱
加熱方法:蒸し物。
分量:1袋200g。
目安時間:約16分。
付属品:角皿、プラス網1枚を、上段。
ラップの有無、または水位:水位2まで。
ワンポイントアドバイス等:レトルトパックはレンジ加熱は絶対にしない。

●レトルトカレー(2)。
加熱前の状態:常温
仕上がり等:容器に移し替えて。
・自動加熱
加熱方法:温めスタート 強め。
分量:200から400g。
・手動加熱
加熱方法:レンジ600W。
分量:一袋200g。
目安時間:約1分50秒。
付属品:棚の位置なし。
ラップの有無、または水位:ラップ有り。
ワンポイントアドバイス等:加熱前、加熱後にかき混ぜる。

●どんぶりの具。
加熱前の状態:冷凍。
仕上がり等:なし。
・自動加熱
加熱方法:温め選択→冷凍食品、市販品。
分量:一人分100から200g。
・手動加熱
加熱方法:レンジ600W。
分量:一人分200g。
目安時間:約4分。
付属品:なし。
ラップの有無、または水位:ラップの有無は、食品のパッケージの記載通りにしてください。
ワンポイントアドバイス等:食品のパッケージに、皿に載せて加熱する、と記載されている物は、耐熱性の皿に載せる。
加熱後すぐにかき混ぜる。

【蒸し物、煮物】

●中華まん(1)。
加熱前の状態:常温、冷蔵。
仕上がり等:しっとりさせたい時。
・自動加熱
加熱方法:温め選択→ヘルシオ温め→しっとり温め。
分量:1から4個 1個70から120g 1個が120gの時は強め。
・手動加熱
加熱方法:蒸し物。
分量:1個70から80g。
目安時間:13分。
付属品:角皿、プラス網1枚を、上段。
ラップの有無、または水位:水位2まで。
ワンポイントアドバイス等:スポットスチームで加熱する時は調理網の中央の奥に置く。

●中華まん(2)。
加熱前の状態:常温、冷蔵。
仕上がり等:少量の時。
・自動加熱
加熱方法:温め選択→ヘルシオ温め→スポットスチーム。
分量:1個70から120g 1個が120g以上の時は強め。
・手動加熱
加熱方法:自動で加熱します。
分量:
目安時間:
付属品:角皿、プラス網1枚を、上段。
ラップの有無、または水位:水位2まで。
ワンポイントアドバイス等:スポットスチームで加熱する時は、調理網の中央の奥に置く。

●中華まん(3)。
加熱前の状態:常温、冷蔵。
仕上がり等:急ぐ時。
・自動加熱
加熱方法:手動で加熱します。
分量:
・手動加熱
加熱方法:レンジ600W。
分量:1個70から80g。
目安時間:40から50秒。
付属品:棚の位置なし。
ラップの有無、または水位:ラップ有り。
ワンポイントアドバイス等:底の紙を取って、さっと水にくぐらせて、ゆったりとラップに包む。
あんまんは、あんが先に熱くなり、加熱しすぎると、発煙発火の恐れがあるので、加熱時間は控えめに。

●中華まん(4)。
加熱前の状態:冷凍。
仕上がり等:しっとりさせたい時。
・自動加熱
加熱方法:温め選択→ヘルシオ温め→しっとり温め。
分量:1から4個 1個70から120g 1個が120gの時は強め。
・手動加熱
加熱方法:蒸し物。
分量:1個70から80g。
目安時間:約20分。
付属品:角皿、プラス網1枚を、上段。
ラップの有無、または水位:水位2まで。
ワンポイントアドバイス等:なし。

●中華まん(5)。
冷凍。加熱前の状態:
仕上がり等:急ぐとき。
・自動加熱
加熱方法:手動で加熱します。
分量:
・手動加熱
加熱方法:レンジ600W
分量:1個70から80g。
目安時間:1分10秒から1分20秒。
付属品:なし。
ラップの有無、または水位:あり。
ワンポイントアドバイス等:底の紙を取って、さっと水にくぐらせて、ゆったりとラップに包む。
あんまんは、あんが先に熱くなり、加熱しすぎると、発煙発火の恐れがあるので、加熱時間は控えめに。

※まだまだ続きます。

(masana)
タグ:加熱早見表
posted by dss at 14:48| Comment(0) | 視覚障害関係

シャープヘルシオAX-AW500レポート 09 加熱早見表03

●フランスパン(1)。
加熱前の状態:常温、冷蔵。
仕上がり等:なし。
・自動加熱
加熱方法:温め選択→ヘルシオ温め→焼きたてパン温め→フランスパン。
分量:30から240g、1から8切れ(1から3切れの場合は弱め)。
・手動加熱
加熱方法:ウオーターオーブン→予熱なし→200℃。
分量:フランスパン2切れ(60g)。
目安時間:8から9分。
付属品:角皿、プラス網1枚を、下段。
ラップの有無、または水位:水位1以上。
ワンポイントアドバイス等:フランスパンは厚さ約4p未満に切り、切り口を上にして置く。
ソーセージやコーン、チーズなど具材の入ったパンを自動加熱で温める際は、パン生地に合わせてメニュー番号を選ぶ。
具材の入ったパンを手動加熱で温める際は、具材の種類により加熱時間が異なるので、様子を見ながら加熱する。
急ぐ時はレンジ600Wで10から20秒様子を見ながら加熱する。
時間がたつと、硬くなるので、食べる直前に加熱する。

●フランスパン(2)。
加熱前の状態:冷凍。
仕上がり等:なし。
・自動加熱
加熱方法:温め選択→ヘルシオ温め→焼きたてパン温め、フランスパン。
分量:30から240g1から8切れ(1から3切れの時は弱め)。
・手動加熱
加熱方法:ウオーターオーブン→予熱なし→200℃。
分量:フランスパン2切れ60g。
目安時間:10から11分。
付属品:角皿、プラス網1枚を、下段。
ラップの有無、または水位:水位1以上。
ワンポイントアドバイス等:フランスパンは厚さ約4p未満に切り、切り口を上にして置く。
ソーセージやコーン、チーズなど具材の入ったパンを自動加熱で温める際は、パン生地に合わせてメニュー番号を選ぶ。
具材の入ったパンを手動加熱で温める際は、具材の種類により加熱時間が異なるので、様子を見ながら加熱する。
急ぐ時はレンジ600Wで10から20秒様子を見ながら加熱する。
時間がたつと、硬くなるので、食べる直前に加熱する。

●クロワッサン、パン(1)。
加熱前の状態:常温、冷蔵。
仕上がり等:なし。
・自動加熱
加熱方法:温め選択→ヘルシオ温め→焼きたてパン温め、クロワッサン、パン。
分量:40から240g1から6個(1から2個の時は弱め)。
・手動加熱
加熱方法:ウオーターオーブン→予熱なし→200℃。
分量:クロワッサン2個80g。
目安時間:8から9分。
付属品:角皿、プラス網1枚を、下段。
ラップの有無、または水位:水位1以上。
ワンポイントアドバイス等:フランスパンは厚さ約4p未満に切り、切り口を上にして置く。
ソーセージやコーン、チーズなど具材の入ったパンを自動加熱で温める際は、パン生地に合わせてメニュー番号を選ぶ。
具材の入ったパンを手動加熱で温める際は、具材の種類により加熱時間が異なるので、様子を見ながら加熱する。
急ぐ時はレンジ600Wで10から20秒様子を見ながら加熱する。
時間がたつと、硬くなるので、食べる直前に加熱する。

●クロワッサン、パン(2)。
加熱前の状態:冷凍。
仕上がり等:なし。
・自動加熱
加熱方法:温め選択→ヘルシオ温め→焼きたてパン温め、クロワッサン、パン。
分量:40から240g1から6個(1から2個の時は弱め)。
・手動加熱
加熱方法:ウオーターオーブン→予熱なし→200℃。
分量:クロワッサン2個80g。
目安時間:11から12分。
付属品:角皿、プラス網1枚を、下段。
ラップの有無、または水位:水位1以上。
ワンポイントアドバイス等:フランスパンは厚さ約4p未満に切り、切り口を上にして置く。
ソーセージやコーン、チーズなど具材の入ったパンを自動加熱で温める際は、パン生地に合わせてメニュー番号を選ぶ。
具材の入ったパンを手動加熱で温める際は、具材の種類により加熱時間が異なるので、様子を見ながら加熱する。
急ぐ時はレンジ600Wで10から20秒様子を見ながら加熱する。
時間がたつと、硬くなるので、食べる直前に加熱する。

※まだまだ続きます。

(masana)
タグ:加熱早見表
posted by dss at 14:41| Comment(0) | 視覚障害関係

シャープヘルシオAX-AW500レポート 08 加熱早見表02

●ピラフ、チャーハン(1)。
加熱前の状態:常温、冷蔵。
仕上がり等:なし。
・自動加熱
加熱方法:温めスタート。
分量:100から400g。
・手動加熱
加熱方法:レンジ600W。
分量:1人分250g。
目安時間:約1分50秒。
付属品:棚の位置なし。
ラップの有無、または水位:なし。
ワンポイントアドバイス等:加熱後かき混ぜる。

●ピラフ、チャーハン(2)。
加熱前の状態:冷凍。
仕上がり等:なし。
・自動加熱
加熱方法:温め選択→冷凍食品、市販品。
分量:200から450g。
・手動加熱
加熱方法:レンジ600W。
分量:一人分250g。
目安時間:4から5分。
付属品:棚の位置なし。
ラップの有無、または水位:ラップ有り。
ワンポイントアドバイス等:食品のパッケージに、皿に載せて加熱すると記載されている食品は、耐熱性の平皿に載せます。
あらかじめ良くほぐしておく。

●オムライス。
加熱前の状態:冷凍。
仕上がり等:なし。
・自動加熱
加熱方法:温め選択→冷凍食品、市販品→強め。
分量:一人分200から300g。
・手動加熱
加熱方法:レンジ600W。
分量:一人分250g。
目安時間:4から5分。
付属品:なし。
ラップの有無、または水位:ラップの有無は、食品パッケージの記載通りにしてください。
ワンポイントアドバイス等:食品パッケージに皿に載せて加熱すると記載されている食品は、耐熱性の平皿に載せます。

●コンビニ弁当。
加熱前の状態:常温、冷蔵。
仕上がり等:なし。
・自動加熱
加熱方法:温め選択→コンビニ弁当。
分量:一人分から二人分 一人分350gから500g、二人分の時は強め。
・手動加熱
加熱方法:レンジ600W。
分量:一人分400g。
目安時間:約1分40秒。
付属品:棚の位置なし。
ラップの有無、または水位:なし。
ワンポイントアドバイス等:包装しているラップや蓋、調味料の容器、ゆで卵(うずらの卵もふくむ)、アルミケースは取り外す。

●冷凍弁当(ご飯付きまたはおかずのみ)
加熱前の状態:冷凍。
仕上がり等:なし。
・自動加熱
加熱方法:温め選択→冷凍食品、市販品→強め
分量:一人分200gから300g。
・手動加熱
加熱方法:レンジ600W。
分量:一人分250g。
目安時間:4から5分。
付属品:棚の位置なし。
ラップの有無、または水位:ラップの有無は食品パッケージの記載通りにしてください。
ワンポイントアドバイス等:食品パッケージに皿に載せて加熱すると記載されている食品は、耐熱性の平皿に載せます。
容器の形状、おかずの種類、盛り付け方や保存状態によって仕上がりの温度が変わります。
様子を見ながら加熱してください。

●ロールパン、ピザ(1)。
加熱前の状態:常温、冷蔵。
仕上がり等:なし。
・自動加熱
加熱方法:温め選択→ヘルシオ温め→焼きたてのパン温め、パン、ピザ。
分量:ロールパン30から240g(1個から8個)、1個から3個の場合は弱め。
ピザ、100から400g、1から4切れ、3、4切れの場合は強め。
・手動加熱
加熱方法:ウオーターオーブン→予熱なし→200℃
分量:ロールパン2個60g。
目安時間:8から9分。
付属品:角棚、プラス網1枚の下段。
ラップの有無、または水位:水位1以上。
ワンポイントアドバイス等:フランスパンは厚さ約4p未満に切り、切り口を上にして置く。
ソーセージやコーン、チーズなど具材の入ったパンを、自動加熱で温める際は、パン生地に合わせてメニュー番号を選ぶ。
具材の入ったパンを手動加熱で温める際は、具材の種類で、加熱時間が異なるので、様子を見ながら加熱する。
急ぐときは、レンジ600Wで10から20秒、様子を見ながら加熱する。
時間がたつと硬くなるので、食べる直前に加熱する。

●ロールパン、ピザ(2)。
加熱前の状態:冷凍。
仕上がり等:なし。
・自動加熱
加熱方法:温め選択→ヘルシオ温め→焼きたてパン温め、パン、ピザ。
分量:ロールパン30から240g(1から8個)、1から3個の時は弱め。
ピザ100から400g、(1から4切れ)、3、4切れの時は強め。
・手動加熱
加熱方法:ウオーターオーブン→予熱なし→200℃。
分量:ロールパン2個60g、
目安時間:9から11分。
付属品:角皿、プラス網1枚を、下段。
ラップの有無、または水位:水位1以上。
ワンポイントアドバイス等:フランスパンは厚さ約4p未満に切り、切り口を上にして置く。
ソーセージやコーン、チーズなど具材の入ったパンを自動加熱で温める際は、パン生地に合わせてメニュー番号を選ぶ。
具材の入ったパンを手動加熱で温める際は、具材の種類により加熱時間が異なるので、様子を見ながら加熱する。
急ぐときはレンジ600Wで10から20秒様子を見ながら加熱する。
時間がたつと硬くなるので、食べる直前に加熱する。

●カレーパン(1)。
加熱前の状態:常温、冷蔵。
仕上がり等:なし。
・自動加熱
加熱方法:温め選択→ヘルシオ温め→焼きたてパン温め、パン、ピザ、強め。
分量:100から200g(1から2個)。
・手動加熱
加熱方法:ウオーターオーブン、→予熱なし→200℃。
分量:1個100g。
目安時間:15から16分。
付属品:角皿、プラス網1枚を、下段。
ラップの有無、または水位:水位1以上。
ワンポイントアドバイス等:フランスパンは厚さやく4p未満に切り、切り口を上にして置く。
ソーセージやコーン、チーズなど具材の入ったパンを自動加熱で温める際は、パン生地に合わせてメニュー番号を選ぶ。
具材の入ったパンを手動加熱で温める際は、具材の種類により加熱時間が異なるので、様子を見ながら加熱する。
急ぐときはレンジ600Wで10から20秒様子を見ながら加熱する。
時間がたつと硬くなるので、食べる直前に加熱する。

●カレーパン(2)。
加熱前の状態:冷凍。
仕上がり等:なし。
・自動加熱
加熱方法:温め選択→ヘルシオ温め→焼きたてパン温め、パン、ピザ→強め。
分量:100から200g1から2個。
・手動加熱
加熱方法:ウオーターオーブン→予熱なし→200℃。
分量:1個。
目安時間:17から18分。
付属品:角皿、プラス網1枚を、下段。
ラップの有無、または水位:水位1以上。
ワンポイントアドバイス等:フランスパンは厚さやく4p未満に切り、切り口を上にして置く。
ソーセージやコーン、チーズなど具材の入ったパンを自動加熱で温める際は、パン生地に合わせてメニュー番号を選ぶ。
具材の入ったパンを手動加熱で温める際は、具材の種類により加熱時間が異なるので、様子を見ながら加熱する。
急ぐときはレンジ600Wで10から20秒様子を見ながら加熱する。
時間がたつと硬くなるので、食べる直前に加熱する。

※まだまだ続きます。

(masana)
タグ:加熱早見表
posted by dss at 11:25| Comment(0) | 視覚障害関係